暮らし通 >テレビで話題のグルメお取り寄せ

『加賀守岡屋』の『焼きいなり 鶏ごぼう』が、『マツコの知らない世界』の『いなり寿司の世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。2016年9月6日のテーマは 『マツコの知らないいなり寿司の世界』でした。

番組では、いまや劇的な進化を遂げ、これまでの常識を変えるバリエーション豊かないなり寿司の数々を紹介。

マツコさんは、まず最初は『銀座 白金や』の、『一口いなり・焼き宝珠いなり』の『玉子入り』と『ゆず枝豆』を食して、「大変おいしゅうございます。甘みが抑えられている感じ。」と、まずまずの好評価。
次に新宿伊勢丹で販売している『Sushi Avenue K's』の『カレーいなり寿司』を食し、「あっ!カレーと酢が合う!これは新しいスタンダードになる!」と意外なコメントでした。
その次の『いなり 和家』の『ごま・しょうがいなり』は、「これは美味しい!おとな!こどもに食べさせちゃ駄目ね。」と感心した様子でした。4つめは『豆狸・栗抹茶いなり』で、「抹茶が邪魔してませんね!ちゃんと栗の味もするし。」とのこと、またこの『豆狸』の期間限定商品『こんにゃくいなり』については、「問題作!これはいなり寿司じゃない。何か美味しいほかの食べ物って感じ。」と困惑しながらも美味しそうに食べていました。

そして5つめのお酒の当てにも合うという『加賀守岡屋・焼きいなり 鶏ごぼう』を食して、「揚げが厚い!本当にお酒の当てにいい!素晴らしい」と絶賛でした。
この『加賀守岡屋』は石川県金沢市の観光名所『兼六園』のお膝元にあるお店で、白山市白峰にある豆腐の名店『山下ミツ商店』で作られた特製のお揚げを使い、こんがりパリッとした皮の食感や大豆の香ばしい風味と、揚げに染み込んだダシと寿司飯の旨みがジュワッと口いっぱいに広がる美味しさが特徴だそうで、『鶏ごぼう』・『ちらし』・『五穀米』・『金時いも赤飯』・『ほたて』の中でもお勧めは『鶏ごぼう』だそうです。

『加賀守岡屋』の
『焼きいなり 鶏ごぼう』の
お取り寄せは【楽天市場】

そのあとマツコさんは『壷屋・三色稲荷』のコーヒーに合うといういなりを食し「まあまあ。」と、『セブン-イレブン・鰹だし仕立て 五目いなり』には、「母が作ったやつに一番近いかも!ここを狙ってくるのネ!美味しい。いや、今までのはプロの味だから…、コレなんだろう?おふくろが 作って一番成功した日って感じ!あたし絶対今度見たら買おう!凄く美味しい。」と大絶賛でした。
最後に『つるまる饂飩・いなり』を、うどんとセットで食して「美味しいね。ごはんの炊き方が柔らかい。第二のおふくろの味!」と、うどんをズルズルと食べながらも好評価でした。

旅サラダの『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』に、神戸の『伊藤グリル・神戸ビーフシチュー』が登場!

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の、人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』がリニューアルして誕生した『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』は、毎週ABC放送のアナウンサーのヒロド歩美さんが日本全国を巡り、美味しい物を捜して、その中のひとつを視聴者プレゼントする新しいコーナーです。

そして2016年9月3日の美味しいものは、兵庫県は神戸の旅で見つけた伊藤グリルの『神戸ビーフシチュー』でした。

神戸を訪れたヒロドさんは、美味しい神戸牛を捜して奔走。まずは『鉄板肉酒場 二代目亀田精肉店』に入り、人気メニューの『エアーズロック プレミアムローストビーフ丼』を試食しそのボリュームと美味しさにビックリ!、続いて『老祥記』では『豚饅頭』を食して、次は『森谷商店 元町本店』にて名物の『神戸森谷のコロッケ』を味わい、次は甘い物をと『神戸マシュマロ浪漫』にて、アイスクリームに焼きマシュマロが乗った『コールドスモア』を堪能。で、最後に今回のプレゼントにもなった『伊藤グリル』の『神戸ビーフシチュー』を食して目をキラキラさせて「柔らか〜い!歯茎で食べられるくらい!美味しい!奥の奥まで味が深いって感じ。なんか凄い立体感のある深み!」と絶賛。

この『伊藤グリルは』は、大正12年創業の神戸元町通にある人気の洋食店で、またこのビーフシチューは開店当時からの伝統の味とのことです。最高の神戸牛をソテーし焼き目を付け、香味野菜やトマトやワインと3時間煮込み絶品のビーフシチューに仕上げるそうです。

神戸・元町「伊藤グリル」
神戸ビーフシチュー 極みの
お取り寄せは【楽天市場】

【QVCジャパン】
神戸元町 伊藤グリルの
黒毛和牛ビーフシチュー

 

『伊藤グリル』のビーフカレーは
【Amazon】【ヤフーショッピング】でも
お取り寄せできます

スタジオでの試食では、MCの神田正輝さんがフォークにビーフを乗せてスタンバイ!一口食してニッコリ!「でかした!」の一言を残し黙々と食し「デミが凄い!」と感心。向井亜紀さんは「ナイフいらない!こ〜れは完食!」と柔らかさにビックリ!三船美佳さんも「う〜ん!美味しい」と満面の笑顔、勝俣州和さんは「分厚いね!コレは美味しい!ステーキですね。シチューじゃないね。レベルが違いますね。見事です。」と大絶賛していました。そんな中、神田さんはあっという間に完食して大満足の様子でした。

広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

『マツコの知らない世界』に出演した400種類の『地サイダー』を制覇し、サイダーの神様に愛された清水りょうこさんの著作のお取り寄せは【Amazon】へ



毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは最後に紹介された広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』の栓をあけ、一機に飲んでオモムロに「アッ!コレ美味しい!」と満足した様子。「コレね、本当に…何だろう…水を飲んでいるみたい。スッキリしていて全く口にヤナ物が残らないネ!やっぱりサイダーって水なんだなぁって再認識させられる…。」と、とてもお気に召した様子でした。

この広島県尾道市の『後藤飲料水工業所』は、広島県の尾道駅から舟で渡った向島にある昭和5年創業のラムネの老舗だそうで、またこの『マルゴサイダー』は島内限定販売の商品で、昔ながらのスッキリとした味わいの趣き深いサイダーだそうです。

と、言うことで『マルゴサイダー』は、ネットでは販売していないようです。

『マルゴサイダー』を飲みたい方は是非、現地尾道の向島へ!
尾道での宿泊のご予約は【楽天トラベル】へ

富山県富山市の『トンボ飲料・富山ブラックサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは7本目に紹介された富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』を一口飲んで「醤油の香りがいい。多分、喉が渇いていたら美味しいです。」と、とても冷静な評でした。

この富山県富山市の『トンボ飲料』は、豊かな自然環境とすばらしい水資源に恵まれた富山に拠点を置き、明治29年(1896年)の創業以来、ラムネをはじめとするパウチ、シャンメリーなど、充実した飲料を製造している会社だそうで、またこの『富山ブラックサイダー』は、濃い醤油・胡椒多め・黒スープが特徴の、富山県のご当地ラーメン『富山ブラック』のやみつき感をイメージして作ったサイダーとのことです。

富山県富山市の
『トンボ飲料・富山ブラックサイダー』の
お取り寄せは
【楽天市場】
【ヤフーショッピング】
【Amazon】

佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵 庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは6本目に紹介された佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』の栓を開けた瞬間に表情を歪めて「わぁ〜!嗅っせ〜!凄〜い!」と、一口飲んで険しい表情で「味はそんなに…ニオイが…。」と、とても気が動転した様子でした。

この佐賀県小城市の『友桝飲料』は、創業から110年余りの炭酸飲料を研究し続けてきた会社だそうで、またこの斬新な『ドリアンサイダー』は、ドリアンのフレーバー使用し、果実をイメージしたデザインのビンに詰め、ドリアンの独特な香りと爽やかな喉越しが楽しめるサイダーとのことです。

佐賀県小城市の
『友桝飲料・
ドリアンサイダー』の
お取り寄せは
【楽天市場】
【Amazon】
【ヤフーショッピング】

佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵 庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは5本目に紹介された佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』の栓をあけ、香りを嗅いで「わぁ〜!」と、一口飲んで「アッ!コレ美味しい!あのね、あいすくりんってあるじゃないですか。古いタイプのアイスクリーム。それを食べたあとみたい。美味しい!」と、とてもお気に召した様子でした。

この佐賀県小城市の『友桝飲料』は、創業から110年余りの炭酸飲料を研究し続けてきた会社だそうで、またこの『かすていらサイダー』は、研究に研究を重ね、カステラの味をサイダーに再現し、カステラ風の外箱に入ったかわいいプチサイズのサイダーとのことです。

佐賀県小城市の
『友桝飲料・かすていらサイダー』
【楽天市場】
【ヤフーショッピング】
【Amazon】

 

宮城県仙台市の『トレボン食品・牛たんサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは4本目に紹介された宮城県仙台市の『トレボン食品・牛たんサイダー』の栓を開けた瞬間に「ワァ〜!コレは駄目!」と大きく表情を歪め、恐る恐る飲んで、より大きく表情を歪め「ウワァ〜!!もうこれ牛たん喰ったあとの口の中だ!まずい!!」と…。ある意味絶賛。そのあと若干クセになったようで、もう一口飲んでいました。

この宮城県仙台市の『トレボン食品』は、ラムネやジュース、シロップ・健康飲料などを製造している会社で、またこの『牛たんサイダー』は、コラーゲンペプチドを使って炭火焼の牛たんの味をリアルに再現したサイダーのようです。

宮城県仙台市の
『トレボン食品・牛たんサイダー』の
お取り寄せは
【楽天市場】
【Amazon】
【ヤフーショッピング】

宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵 庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは3本目に紹介された宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサ イダー 牛たんサイダー』をじっくりと飲んで軽く微笑み「ずんだは好きだけど…これ凄いね。怖いんだけど、この再現力!」と、感心しながらも少し理解に苦しんでいる様子でした。

この宮城県仙台市の『トレボン食品』は、ラムネやジュース、シロップ・健康飲料などを製造している会社で、またこの『ずんだサイダー』は枝豆パウダーを使用し、ずんだ豆の味わいがリアルに再現されたサイダーのようです。

宮城県仙台市の
『トレボン食品・ずんだサイダー』の
お取り寄せは
【楽天市場】
【Amazon】
【ヤフーショッピング】

『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。マツコさんは2本目に紹介された島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』を味わいながら飲んで「思ったよりも甘くなくて、美容飲料みたい。ハーブティーを炭酸で割った感じ!これは暑い時にいいですね。」と、感心していました。

この『奥出雲薔薇園』は島根県内初の産業型薔薇園として平成17年7月に開園したそうで、観賞用ではなく使うための薔薇を研究していて、香り・色・機能性を活かした新素材の開発をしているとのことで、食品や化粧品及び医療分野などに原料素材提供をしているそうです。そしてこの『プレミアムスパークリングローズ』は、香りの薔薇『さ姫』のエキスを使い無着色無香料で仕上げたサイダーだそうです。美しい薔薇色とほんのり香る薔薇の香りが特徴で、微炭酸、微糖のすっきりとした味わいとのことです。

島根県大田市の
『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリング
ローズ』のお取り寄せは
【楽天市場】
【Amazon】

兵庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでしたが、マツコさんはその中でも最初に紹介された兵庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』を、ゴクゴクと飲んで「高級な感じのサイダー!」と、とても気に入った様子でした。

兵庫県西宮市の地サイダー『ダイヤレモン』は、1914年(大正3年)に誕生し、味もラベルもほぼ当時のままだそうです。癒し感のあるレトロモダンな瓶の形とラベルと、砂糖を使っているからこその爽やかな甘さと後味の良さが特徴とのことです。

地サイダー
『ダイヤレモン』の
お取り寄せは

【楽天市場】
【ヤフーショッピング】

旅サラダの『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』に、伊勢神宮内宮門前町おはらい町の『浜与本店・ふっくら牡蠣佃煮』が登場!

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の、人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』が2016年3月5日にリニューアルして誕生した『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』は、毎週ABC放送のアナウンサーのヒロド歩美さんが日本全国を巡り、美味しい物を捜して、その中のひとつを視聴者プレゼントする新しいコーナーです。

そして2016年5月14日の美味しいものは、伊勢の旅で見つけた伊勢神宮内宮門前町にある『浜与本店』の『ふっくら牡蠣佃煮』と『ちりめんだし』でした。

伊勢神宮内宮門前町を訪れたヒロド歩美さんは、老舗がずらりと立ち並ぶ光景にビックリ!早速、美味しいプレゼント捜しに奔走。まずはひもの専門店『ひもの熟・伊勢店』に入り『はたはたのひもの』を試食、続いて『つけもの傳兵衛』で『伊勢たくあん』を食して、次は蜂蜜の専門店『松治郎の舗』にて『はちみつ最中アイス』を堪能して、最終的にプレゼント商品に決定した『ふっくら牡蠣佃煮』の『浜与本店』に…。

この『浜与本店』は、伊勢湾で250年に渡り水産加工を営んできたお店の直売店で、またその歴史あるお店の人気商品は、新鮮な牡蠣を贅沢に使った佃煮だそうです。
秘伝の特製タレを使用し生から炊き上げているので、ふっくらとして柔らかく、牡蠣の旨味が凝縮されているとか…。

ご飯のお供としては勿論、出汁茶漬けにしても抜群に美味しいとのことで、ヒロドさんは炊きたてのご飯の上に牡蠣の佃煮を乗せ、お店特製の『ちりめん出汁』を掛けた『牡蠣の佃煮茶漬け』を試食。
感極まった表情で「美味しい!牡蠣の佃煮の風味が口の中に広がりますね!最高!」と、とても満足そうでした。

伊勢神宮内宮門前町
『浜与本店』ふっくら牡蠣佃煮のお取り寄せは
【楽天市場】 【ヤフーショッピング】



 

『浜与本店』ちりめんだしのお取り寄せは
【ヤフーショッピング】

 


スタジオでの試食では、MCの神田正輝さんが一口食してニッコリ!「でかした!」の一言を残し寡黙で完食し「これはいいわ!」と大満足。本日の旅のゲストで女優のかたせ梨乃さんも「美味しい!」と絶賛。
三船美佳さんは「ふっくらしてる!」と、勝俣州和さんは「やっぱり身が縮まらないのは、いい牡蠣なんですね。」と、また向井亜紀さんはその美味しさに「止まらない!」と出演者一同が賞賛の『ちりめん出汁』を掛けた『牡蠣の佃煮茶漬け』でした。

『しゃくなげの森』の『黄金イクラ』が、旅サラダ『コレうま』に登場!

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。
2015年11月21日のお取り寄せできる美味しいものは、宮崎県は三股町にある観光植物園『しゃくなげの森』の『黄金イクラ』でした。

この『しゃくなげの森』は、清流が流れる長閑な山間にあり、またこの『黄金イクラ』は、その清流をいかし養殖されたヤマメの卵を塩漬けにしたものだそうです。
淡水魚のヤマメは鮭のように海に出て海老やカニを餌にしないので、赤い色素が卵に付かず、黄金色なのだそうです。

園内の養殖場で、丸二年かけて養殖したヤマメの中でも、たった1%しかいない30センチ以上に育った『尺ヤマメ』から、産卵直前の11月に卵を獲り、厳選した塩を合せ、30分ほどおいてから瓶詰めにして完成という、素材を大切にした大変シンプルなものだそうです。

宮崎県『しゃくなげの森』の
『黄金イクラ』の
お取り寄せは
【楽天市場】
【ヤフーショッピング】
全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト【47CLBU(よんななクラブ)】
【ヤマダ電機のヤマダモール】

スタジオでは神田正輝さんがスプーンで、『黄金イクラ』を掬い、スタンバイ。そして一口食べ、ニッコリと微笑んで「一個一個、噛まなきゃいけないくらいプチプチしてる!臭みがないね!」と、三船美佳さんは「凄い弾力!プッチン、プッチンしてる。初めての食感!」と感激し、勝俣州和さんは「うわっ!えっ?イクラみたいな脂っこさはないですね。さっぱりしてる。これは別物だ!ご飯と食べると美味しい!」と絶賛。
向井亜紀さんは「川のお魚の臭みがない。お塩だけでこの旨みがねぇ〜!」と感心していました。その間も神田さんはニコニコしながら無言で食べ続け完食していました。

『お菓子工房 SHIMIZU』の『ナポレオン ブランデーケーキ』が、福澤朗さんのお勧めで、旅サラダ『コレ!うま!!』に登場。

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。
2015年11月14日のお取り寄せできる美味しいものは、本日の『ゲストの旅』のコーナーにも出演した元日本テレビアナウンサーで、現在フリーアナウンサーでタレントでキャスターの福澤朗さんがお勧めする、東京都は台東区花川戸にある老舗デパート『松坂屋・浅草店』にも出店している『お菓子工房 SHIMIZU』の『ナポレオン ブランデーケーキ』でした。福澤さんは数年前に知り合いから教えてもらい、そこからハマったそうです。

この『お菓子工房 SHIMIZU』は、1950年創業のケーキやプリン、焼き菓子を製造販売している洋菓子店で、そしてこの『ナポレオン ブランデーケーキ』は、先代の創業者が7年の歳月をかけて開発したしっとりフワフワで香りの良い人気商品だそうです。

ベースとなる生地は、卵と砂糖・薄力粉を撹拌し、香ばしさを出すためにアーモンドの粉末を加え、また品のある甘さに仕上がるように、岩手県産の蜂蜜と北海道産のバターを加えるそうです。
それを型に流し込み170℃のオーブンで約20分間焼き、粗熱をとったあと仕上げに、ランクが一番上の『ナポレオン』と『X.O.』をブレンドしたものを霧吹きを使い手作業で丁寧に吹きかけ、全体が馴染むまで1週間寝かせ熟成したら完成だそうです。

『お菓子工房 SHIMIZU』の
『ナポレオン ブランデーケーキ』の
お取り寄せは
【Amazon】【楽天市場】

スタジオでは、神田正輝さんがフォークで、この『ナポレオン ブランデーケーキ』持ってスタンバイ。そして一口食べて「凄い柔らかい、これ!…苦味もある。」と、三船美佳さんは「香りが凄〜い!これは初めての感覚。めちゃめちゃ美味しい!」とビックリした様子。
勝俣州和さんは「呑み込むと凄い香りが広がるんですね。」と、向井亜紀さんは「品がありますね!もう少しベチャっとした感じかと思ったら、フ〜ワフワ!」と感激していました。
ちなみに福澤朗さんによると、この『ナポレオン ブランデーケーキ』は、ミルクに浸しながら食べても美味しいそうです。

『蔵王クリーミースプレッド バニラ』が、旅サラダコレうまに登場。

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。
2015年10月10日のお取り寄せできる美味しいものは、本日の『ゲストの旅』のコーナーにも出演した元宝塚歌劇団雪組トップスターで女優の一路真輝さんがお勧めする、宮城県は蔵王町にある『蔵王酪農センター』の『蔵王クリーミースプレッド バニラ』でした。

『蔵王酪農センター』は、蔵王連峰の麓の広大で長閑な場所にあり、その販売店は新鮮な牛乳を使った乳製品が並び、観光地としても人気があるそうで、またこの『蔵王クリーミースプレッド バニラ』は、クリームチーズにバニラ風味を付け、塗るタイプに仕上げ、チーズケーキのようなクリームチーズだそうです。

搾り立ての牛乳の乳脂肪を濃縮させ生クリームを作り、乳酸菌や牛乳を加え発酵させ、しっとり滑らかなクリームチーズを作り、白身に厚みがあってプルプルの蔵王のこだわり卵とグラニュー糖やゼラチンを高温で混ぜ合せ、仕上げにマダガスカル産のバニラビーンズを加えて芳醇な風味をプラスし、容器に入れて完成とか。
クラッカーやパンに塗って食べれば、まるでスイーツのようなとろける味わいだそうです。

『蔵王酪農センター』の
『蔵王クリーミースプレッド』などの
お取り寄せは
【Amazon】 【楽天市場】
【ヤフーショッピング】

スタジオではクラッカーに、この『蔵王クリーミースプレッド バニラ』をたっぷりと乗せて食べ、神田正輝さんは「一見…見た目は…わからない」と言って一口食して、「旨い、うまい!」と満面の笑顔。
勝俣州和さんは「香りはバニラアイスみたい。」と言って食して「うまい〜!」とビックリ!三船美佳さんは「香りもいい。美味しい!チーズケーキみたい。凄い!コレいいですね!」と絶賛。
また向井亜紀さんも「滑らか〜!いやコレは…あまり甘くない。口の中で溶けるときフワッとなんか冷たくなるような、不思議な…凄い!コレは危険だ!止まらない!」と感激していました。

紹介者の一路真輝さんは嬉しそうに「よかった!」と。そして神田さんは「あまり甘くない。どっちかと言うとヨーグルトみたな感じがするかもしれない。」と言いつつ、あっという間に完食していました。

『くり屋 南陽軒』の栗きんとんが、旅サラダコレうまに登場。

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。
2015年10月3日のお取り寄せできる美味しいものは、本日の『ゲストの旅』のコーナーにも出演した女優の中島ひろ子さんがお勧めする、岐阜県は中津川市付知町にある『くり屋 南陽軒』の、『栗きんとん』でした。

この『くり屋 南陽軒』は、明治から100年以上続く、地元の特産品の栗を使った和菓子を製造販売している老舗で、またこの中津川が発祥とされる『栗きんとん』は、今や岐阜の名産品として全国に知られているお菓子だそうです。

収穫した新鮮な栗を、水洗いしてから40分ほど蒸して、割って実を出し、栗の食感を生かす為にあえて裏ごしはしないのでその分、割っただけでは除去出来ない渋皮を手作業で丁寧に全て取り除いてから、砂糖を加え1時間以上じっくりと炊き上げ、程よく水分が飛んだところで火を止め、冷まししてから布巾で茶巾絞りにすれば、風味豊かな『栗きんとん』の出来上がりとのこと。
まろやかでツブツブ感があり、栗本来の味を楽しめる秋の味覚だとか。

『くり屋 南陽軒』の
『栗きんとん』のお取り寄せは

【Amazon】
【楽天市場】


スタジオでは神田正輝さんが一口食べて、じっくり味わい「言いたいことは沢山あるけど、言葉にならない!細かい粉の中に、粒が旨い具合に入ってる。ほかのと違うね。」と感心して、勝俣州和さんは「あんなに手間が掛かるとは思わなかった。香りが強い!ひとつひとつの手間が美味しさになるんですね!」と、こちらも感心した様子。
向井亜紀さんは「始めホクホクして、それからトロ〜っとして美味しい。」と、三船美佳さんは「絶品!いい!美味しい!」と、好評でした。