暮らし通 >テレビで話題のグルメお取り寄せ > 200 芸能人

旅サラダ『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』に、名古屋名物『しら河』の『ひつまぶし』が登場!

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の、人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』がリニューアルして誕生した『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』は、毎週ABC放送のアナウンサーのヒロド歩美さんが日本全国 を巡り、美味しい物を捜して、その中のひとつを視聴者プレゼントするコーナーです。 そして2017年3月4日の美味しいものは、愛知県は名古屋市で見つけた名古屋名物『しら河』の『ひつまぶし』でした。

この日、名古屋を訪れたヒロドさんは、早速おいしい名古屋めしを捜しに奔走。まずは大正14年創業の老舗『山本屋総本家』で、元祖の『味噌煮込みうどん』を食して、初めて食べるその食感と味わいに感動。
次に『ひつまぶし』の名店『しら河』に取材を申し込みますが、店内は満席で大忙しのため断念し、次に訪れたのは特大の海老フライで大人気のお店『とんかつ ひょうたんや』に行きましたがシャッターが閉まっていて大ショック!!……しかし、そうこうしている間にガラリとシャッターが開き、ラッキー!!…『特大えびわらじフライ』にあり付き、そのボリューム感あふれるおいしさにメロメロ。

そこへ先程断念した『しつまぶし』の『しら河』から連絡が入り、取材OKと!……早速出向いて名物の味わいを堪能!
『しら河』は季節に応じて各地から仕入れた特選うなぎの中からさらに、『ひつまぶし』に適したうなぎを使っているそうで、その蒲焼きがびっしりと乗った『ひつまぶし』は、口に入れた瞬間に香ばしさが広がり、頑張った日のご褒美の味わいだそうです。
一杯目はそのまま、二杯目は薬味を入れて出汁をかけてお茶漬けで食べて、大満足のヒロドさんでした。

『しら河のひつまぶし』のお取り寄せは
【高島屋オンラインストア】
【楽天市場】
全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト
【47CLBU(よんななクラブ)】

【Amazon】
【ヤフーショッピング】

スタジオでは早速、神田正輝さんが思いっきり頬張って、そのおいしさに表情をクシャクシャにして、「でかした!!」と一言。向井亜紀さんは「これがお家で食べられるなんて、本当に嬉しい!」と、勝俣州和さんと三船美佳さんも「おいしい!」の連発でした。
さすが名店の味、間違いなさそうです。

旅サラダ『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』に、『博多 い津み』の、ふくのオイル漬け『コンフ』が登場!

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の、人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』がリニューアルして誕生した『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』は、毎週ABC放送のアナウンサーのヒロド歩美さんが日本全国 を巡り、美味しい物を捜して、その中のひとつを視聴者プレゼントする新しいコーナーです。
そして2016年10月8日の美味しいものは、福岡県は博多市天神で見つけた『博多 い津み』のふくのオイル漬け『コンフ』でした。

博多を訪れたヒロドさんは、まずは昭和29年創業の『釜めし ビクトリア』で、鶏のソップかけを味わい、ハンバーグ専門店『肉汁研究会 ぎゅう丸・大名店』で、『手仕事ハンバーグ』の溢れ出る肉汁に感動。
そして今回のプレゼント商品を見つけた料亭『博多 い津み』で、ふぐ刺しを堪能し、そのあとに出て来た料理が、世界初の商品、『博多 い津み』特製のふくのオイル漬け『コンフ』でした。
ヒロドさんは一口食して、面食らった表情で、「口の中がフグだらけ!一口でフグ一匹食べた気がする!」と、その美味しさに驚嘆していました。

この『博多 い津み』は、ミシュラン2つ星を獲得した創業93年のふぐ料亭で、卓越した調理の技で、ふぐの美味しさを存分に引き出した料理が人気の名店だそうです。
そしてこのふくのオイル漬け『コンフ』は、高温で蒸したフグをほぐして、オイル漬けにしてから再度蒸すという手のかかった料理で、さっぱりとした中にも濃厚なフグの味わいがある自慢の一品だそうです。

『博多 い津み』の
ふくのオイル漬け『コンフ』の
お取り寄せは
【高島屋オンラインストア】【楽天市場】
【Amazon】【ヤフーショッピング】
ヤマダ電機の【ヤマダモール】

スタジオでの試食では、プレーンと辛子明太子を和えた博多味と洋風のバジル風味の3種が出され、神田正輝さんは一口頬張り、眉をひそめて「うま〜!…もの凄くでかした!」と大絶賛。向井亜紀さんんも「美味しい!」と、両手でほっぺたを抑え、勝俣州和さんも「フグだね!旨い!」と、出演者全員が異口同音に「美味しい!」としか言わず、多くのコメントを発せずに夢中になって食べていました。
また最後に神田さんは「ワインください!」と真顔で言っていました。
だいたい味の想像はできますが、全員のリアクションから見て、これはかなり美味しかったのだと思います。

旅サラダの『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』に、神戸の『タントピアット・神戸えびソーセージ』が登場!

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の、人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』がリニューアルして誕生した『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』は、毎週ABC放送のアナウンサーのヒロド歩美さんが日本全国を巡り、美味しい物を捜して、その中のひとつを視聴者プレゼントする新しいコーナーです。
そして2016年10月1日の美味しいものは、兵庫県は神戸市三宮で見つけた『タントピアット』の『神戸えびソーセージ』でした。

三宮を訪れたヒロドさんは、まずは昭和28年創業の佃煮の名店『神戸菊水』で、『黒毛和牛 牛肉佃煮 すがた煮』を、ご飯とともに試食。美味しそうに味わって一言、「解るでしょ!」と、名リポーターぶりを発揮!そして次は昭和30年創業の『フルーツショップ サンワ』で、新鮮なミックスジュースを一気飲み。次の餃子専門店『祥雲』では、薄皮に包まれカラッとジューシーな『しいたけ餃子』を堪能。で、最終的にプレゼント商品に選んだ『神戸えびソーセージ』のある洋食店『タントピアット』へ。

この『タントピアット』は、イタリアで修行した店主が18年前に開店したイタリア料理を中心としたレストランで、驚くような素材の組合わせで独創的な料理を提供している人気店だそうです。

そして入店して最初に食べたのは、店主おすすめの『完熟トマトと桃の冷製パスタ』。ビックリした表情で一口食べて「桃とトマトの酸味がうまく融合していて美味しい!」と…。で、10年掛けて開発したというメインの『神戸えびソーセージ』が登場しパクリと食べて「あっ!海老!えび!」と、絶叫。「ソーセージのプチンとした感じと海老のプリッとした感じが…。」と、海老の旨味が凝縮したその味わいに感激していました。
この『神戸えびソーセージ』は、毎朝市場で仕入れた新鮮な海老と、香り付けのためのパセリだけで作られていて、1本に使う海老は8尾という贅沢な物で、プリップリの食感を出すために研究に研究を重ねた力作のようです。また海老の殻から作ったソースが絶品とのことでした。

『たんとぴあっと』の
『神戸えびソーセージ』の
お取り寄せは
全国の地方新聞社厳選
お取り寄せサイト
【47CLBU(よんななクラブ)】

スタジオでは『神戸えびソーセージ』を、フォークに刺してニッコリとした表情で神田正輝さんがスタンバイ。そしてパクリと食して目を輝かせて「えび!!…初めて…!でかした!」と絶賛!また本日の『ゲストの旅』に出演の氷川きよしさんも「えびっ!!」と大感動。勝俣州和さんも「えび〜!!本当に海老だ!海老をそのまま食べてるみたいですね。これは美味しい!」と大絶賛。向井亜紀さんや三船美佳さんも「このソースすごい!」、「プリップリ!えびのソースが合う!」、「このソース残しておいてパスタに絡めたい!」と、大評判でした。
そして神田正輝さんは、またまた完食!口をモグモグさせながらCMへ…。

『加賀守岡屋』の『焼きいなり 鶏ごぼう』が、『マツコの知らない世界』の『いなり寿司の世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。2016年9月6日のテーマは 『マツコの知らないいなり寿司の世界』でした。

番組では、いまや劇的な進化を遂げ、これまでの常識を変えるバリエーション豊かないなり寿司の数々を紹介。

マツコさんは、まず最初は『銀座 白金や』の、『一口いなり・焼き宝珠いなり』の『玉子入り』と『ゆず枝豆』を食して、「大変おいしゅうございます。甘みが抑えられている感じ。」と、まずまずの好評価。
次に新宿伊勢丹で販売している『Sushi Avenue K's』の『カレーいなり寿司』を食し、「あっ!カレーと酢が合う!これは新しいスタンダードになる!」と意外なコメントでした。
その次の『いなり 和家』の『ごま・しょうがいなり』は、「これは美味しい!おとな!こどもに食べさせちゃ駄目ね。」と感心した様子でした。4つめは『豆狸・栗抹茶いなり』で、「抹茶が邪魔してませんね!ちゃんと栗の味もするし。」とのこと、またこの『豆狸』の期間限定商品『こんにゃくいなり』については、「問題作!これはいなり寿司じゃない。何か美味しいほかの食べ物って感じ。」と困惑しながらも美味しそうに食べていました。

そして5つめのお酒の当てにも合うという『加賀守岡屋・焼きいなり 鶏ごぼう』を食して、「揚げが厚い!本当にお酒の当てにいい!素晴らしい」と絶賛でした。
この『加賀守岡屋』は石川県金沢市の観光名所『兼六園』のお膝元にあるお店で、白山市白峰にある豆腐の名店『山下ミツ商店』で作られた特製のお揚げを使い、こんがりパリッとした皮の食感や大豆の香ばしい風味と、揚げに染み込んだダシと寿司飯の旨みがジュワッと口いっぱいに広がる美味しさが特徴だそうで、『鶏ごぼう』・『ちらし』・『五穀米』・『金時いも赤飯』・『ほたて』の中でもお勧めは『鶏ごぼう』だそうです。

『加賀守岡屋』の
『焼きいなり 鶏ごぼう』の
お取り寄せは【楽天市場】

そのあとマツコさんは『壷屋・三色稲荷』のコーヒーに合うといういなりを食し「まあまあ。」と、『セブン-イレブン・鰹だし仕立て 五目いなり』には、「母が作ったやつに一番近いかも!ここを狙ってくるのネ!美味しい。いや、今までのはプロの味だから…、コレなんだろう?おふくろが 作って一番成功した日って感じ!あたし絶対今度見たら買おう!凄く美味しい。」と大絶賛でした。
最後に『つるまる饂飩・いなり』を、うどんとセットで食して「美味しいね。ごはんの炊き方が柔らかい。第二のおふくろの味!」と、うどんをズルズルと食べながらも好評価でした。

旅サラダの『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』に、神戸の『伊藤グリル・神戸ビーフシチュー』が登場!

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の、人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』がリニューアルして誕生した『ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅』は、毎週ABC放送のアナウンサーのヒロド歩美さんが日本全国を巡り、美味しい物を捜して、その中のひとつを視聴者プレゼントする新しいコーナーです。

そして2016年9月3日の美味しいものは、兵庫県は神戸の旅で見つけた伊藤グリルの『神戸ビーフシチュー』でした。

神戸を訪れたヒロドさんは、美味しい神戸牛を捜して奔走。まずは『鉄板肉酒場 二代目亀田精肉店』に入り、人気メニューの『エアーズロック プレミアムローストビーフ丼』を試食しそのボリュームと美味しさにビックリ!、続いて『老祥記』では『豚饅頭』を食して、次は『森谷商店 元町本店』にて名物の『神戸森谷のコロッケ』を味わい、次は甘い物をと『神戸マシュマロ浪漫』にて、アイスクリームに焼きマシュマロが乗った『コールドスモア』を堪能。で、最後に今回のプレゼントにもなった『伊藤グリル』の『神戸ビーフシチュー』を食して目をキラキラさせて「柔らか〜い!歯茎で食べられるくらい!美味しい!奥の奥まで味が深いって感じ。なんか凄い立体感のある深み!」と絶賛。

この『伊藤グリルは』は、大正12年創業の神戸元町通にある人気の洋食店で、またこのビーフシチューは開店当時からの伝統の味とのことです。最高の神戸牛をソテーし焼き目を付け、香味野菜やトマトやワインと3時間煮込み絶品のビーフシチューに仕上げるそうです。

神戸・元町「伊藤グリル」
神戸ビーフシチュー 極みの
お取り寄せは【楽天市場】

【QVCジャパン】
神戸元町 伊藤グリルの
黒毛和牛ビーフシチュー

 

『伊藤グリル』のビーフカレーは
【Amazon】【ヤフーショッピング】でも
お取り寄せできます

スタジオでの試食では、MCの神田正輝さんがフォークにビーフを乗せてスタンバイ!一口食してニッコリ!「でかした!」の一言を残し黙々と食し「デミが凄い!」と感心。向井亜紀さんは「ナイフいらない!こ〜れは完食!」と柔らかさにビックリ!三船美佳さんも「う〜ん!美味しい」と満面の笑顔、勝俣州和さんは「分厚いね!コレは美味しい!ステーキですね。シチューじゃないね。レベルが違いますね。見事です。」と大絶賛していました。そんな中、神田さんはあっという間に完食して大満足の様子でした。

広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

『マツコの知らない世界』に出演した400種類の『地サイダー』を制覇し、サイダーの神様に愛された清水りょうこさんの著作のお取り寄せは【Amazon】へ



毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは最後に紹介された広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』の栓をあけ、一機に飲んでオモムロに「アッ!コレ美味しい!」と満足した様子。「コレね、本当に…何だろう…水を飲んでいるみたい。スッキリしていて全く口にヤナ物が残らないネ!やっぱりサイダーって水なんだなぁって再認識させられる…。」と、とてもお気に召した様子でした。

この広島県尾道市の『後藤飲料水工業所』は、広島県の尾道駅から舟で渡った向島にある昭和5年創業のラムネの老舗だそうで、またこの『マルゴサイダー』は島内限定販売の商品で、昔ながらのスッキリとした味わいの趣き深いサイダーだそうです。

と、言うことで『マルゴサイダー』は、ネットでは販売していないようです。

『マルゴサイダー』を飲みたい方は是非、現地尾道の向島へ!
尾道での宿泊のご予約は【楽天トラベル】へ

富山県富山市の『トンボ飲料・富山ブラックサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは7本目に紹介された富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』を一口飲んで「醤油の香りがいい。多分、喉が渇いていたら美味しいです。」と、とても冷静な評でした。

この富山県富山市の『トンボ飲料』は、豊かな自然環境とすばらしい水資源に恵まれた富山に拠点を置き、明治29年(1896年)の創業以来、ラムネをはじめとするパウチ、シャンメリーなど、充実した飲料を製造している会社だそうで、またこの『富山ブラックサイダー』は、濃い醤油・胡椒多め・黒スープが特徴の、富山県のご当地ラーメン『富山ブラック』のやみつき感をイメージして作ったサイダーとのことです。

富山県富山市の
『トンボ飲料・富山ブラックサイダー』の
お取り寄せは
【楽天市場】
【ヤフーショッピング】
【Amazon】

佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵 庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは6本目に紹介された佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』の栓を開けた瞬間に表情を歪めて「わぁ〜!嗅っせ〜!凄〜い!」と、一口飲んで険しい表情で「味はそんなに…ニオイが…。」と、とても気が動転した様子でした。

この佐賀県小城市の『友桝飲料』は、創業から110年余りの炭酸飲料を研究し続けてきた会社だそうで、またこの斬新な『ドリアンサイダー』は、ドリアンのフレーバー使用し、果実をイメージしたデザインのビンに詰め、ドリアンの独特な香りと爽やかな喉越しが楽しめるサイダーとのことです。

佐賀県小城市の
『友桝飲料・
ドリアンサイダー』の
お取り寄せは
【楽天市場】
【Amazon】
【ヤフーショッピング】

佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵 庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは5本目に紹介された佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』の栓をあけ、香りを嗅いで「わぁ〜!」と、一口飲んで「アッ!コレ美味しい!あのね、あいすくりんってあるじゃないですか。古いタイプのアイスクリーム。それを食べたあとみたい。美味しい!」と、とてもお気に召した様子でした。

この佐賀県小城市の『友桝飲料』は、創業から110年余りの炭酸飲料を研究し続けてきた会社だそうで、またこの『かすていらサイダー』は、研究に研究を重ね、カステラの味をサイダーに再現し、カステラ風の外箱に入ったかわいいプチサイズのサイダーとのことです。

佐賀県小城市の
『友桝飲料・かすていらサイダー』
【楽天市場】
【ヤフーショッピング】
【Amazon】

 

宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー』が、『マツコの知らない世界』の『地サイダーの世界』に登場!

毎週火曜日、午後9時にTBSで放送の『マツコの知らない世界』。
2016年8月23日のテーマは 『マツコの知らない地サイダーの世界』でした。

番組では、いまや日本各地に存在する『地サイダー』の中から、個性のあるオススメ『地サイダー』を紹介。

兵 庫県西宮市の『布引鉱泉所・ダイヤレモン』、島根県大田市の『奥出雲薔薇園・プレミアムスパークリングローズ』、宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサイダー 牛たんサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・かすていらサイダー』、佐賀県小城市の『友桝飲料・ドリアンサイダー』、富山県富山市の『トンボ飲 料・富山ブラックサイダー』広島県尾道市の『後藤飲料水工業所・マルゴサイダー』などが次々に登場。どれも生産者の思い入れが詰まった力作(?)揃いでした。

マツコさんは3本目に紹介された宮城県仙台市の『トレボン食品・ずんだサ イダー 牛たんサイダー』をじっくりと飲んで軽く微笑み「ずんだは好きだけど…これ凄いね。怖いんだけど、この再現力!」と、感心しながらも少し理解に苦しんでいる様子でした。

この宮城県仙台市の『トレボン食品』は、ラムネやジュース、シロップ・健康飲料などを製造している会社で、またこの『ずんだサイダー』は枝豆パウダーを使用し、ずんだ豆の味わいがリアルに再現されたサイダーのようです。

宮城県仙台市の
『トレボン食品・ずんだサイダー』の
お取り寄せは
【楽天市場】
【Amazon】
【ヤフーショッピング】