暮らし通 >テレビで話題のグルメお取り寄せ > 010 飲み物

はなまるで、加藤登紀子さんのおめざは『奥能登 地しおサイダー』。

TBS系列『はなまるマーケット』、9月12日(木)の『はなまるカフェ』のゲストは、数々のヒット曲を世に出し、今年でデビュー48年目を向え、さらに精力的に音楽活動を続けている歌手の加藤登紀子さんでした。
そしておめざは、森繁久彌さん作詞の『能登の夢』を歌って縁が深まったという能登町にある、大好きなカフェで出会った石川県は加賀市の『奥能登地サイダー・塩サイダー』でした。

この『奥能登地サイダー・塩サイダー』は、能登地方で400年以上の歴史をもつ伝統的な製塩技術を用いた希少な『珠洲の塩』を使用しているとのこと。熟練された職人による手造りの塩が醸し出すまろやかでコクのある風味が特徴だそうです。

『奥能登 地しおサイダー』のお取り寄せは
【Amazon】
【楽天市場】
【ヤフーショッピング】

岡江さんや薬丸さんは「しおサイダー???」と、まず疑問!
加藤さんは「このごろすごく流行ってるみたいで。毎朝飲んでるんですけど、この開ける音がいい!」と、それには一同も賛同。そして飲んでみると塩味が最初に来て、後に甘みが残るという風味のようで、一同ビックリ。「塩っぱい!甘い!美味しい!」と絶賛。
また加藤さんは「これで朝目覚めるんです。シュワーっていう音と、クッと飲むとワ〜と内蔵に染み渡るような、リフレッシュされて胃の中が元気になるような…。」と、本当にお好きなようです。
いつもボックスでお取り寄せして、知り合いに送ったり、孫の家に届けたりと、この美味しさを皆に伝えているそうです。

はなまるで、愛之助さんのおめざは『千疋屋温州みかんジュース』。

TBS系列『はなまるマーケット』、8月23日(金)の『はなまるカフェ』のゲストは、TBS系列日曜劇場の、いま大人気のドラマ『半沢直樹』に出演中の歌舞伎俳優、片岡愛之助さんでした。 そしておめざは、一度舞台で共演した俳優の松村雄基さんが楽屋に差し入れてくださって、気に入りそれ以来自分で取り寄せて毎朝飲んでいるという『銀座千疋屋』の『温州みかんジュース』でした。

この『銀座千疋屋』の『温州みかんジュース』は、愛媛県は八幡浜市のもぎたての『温州みかん』を100%使用していて、香りとコクのある濃厚な味の最高級ジュースとのことです。

『銀座千疋屋』の『温州みかんジュース』の
お取り寄せは【楽天市場】

そして一口飲んで、岡江さんと山内あゆアナが噛み締めるように「美味しい〜!」と感心する脇で、勝俣州和さんは大声で「うわっ!濃いですね〜!朝にいいですね。」と驚嘆の声。
愛之助さんも一口飲んでニッコリ微笑み「元気が出ます。」と満足げで、薬丸さんは終止うなずいていました。

はなまるで、福士蒼汰さんのおめざは『OSUYA GINZA』の飲む酢。

TBS系列『はなまるマーケット』、8月13日(火)の『はなまるカフェ』のゲストは、『美咲ナンバーワン!!』にて俳優デビュー、『仮面ライダーフォーゼ』の主人公でテレビドラマ初主演、そしてNHKの連続テレビ小説『あまちゃん』に出演して、『2013年上半期ブレークしたと思う俳優ランキング』で見事1位を獲得した福士蒼汰さんでした。
そして健康的な食生活を心がけているとご自身が言う、福士蒼汰さんのおめざは、ドラマのプロデューサーに教えてもらい以来ハマったという『OSUYA GINZA 飲む酢・デザートビネガー ブルーベリー』でした。

この『OSUYA GINZA 飲む酢・デザートビネガー ブルーベリー』は、欧州産のブルーベリーを使用し、桃の酢とブレンドすることで素材の香りと果実の味が引き立てられた一品とのことで、牛乳や豆乳で割ったり、アイスクリームに掛けても美味しいとか。
また『ブルーベリー』のほかにも『ふじ林檎』 、『瀬戸内レモン』、『カシス』、『白葡萄』、『マンゴー』、『ざくろ』、『パッションフルーツ』、『ジャスミン』などがあるそうで、福士さんは全部気に入っているそうです。

『OSUYA GINZA』
飲む酢・デザートビネガーの
お取り寄せは【Amazon】

スタジオでは『デザートビネガー ブルーベリー』を炭酸で割ったものが出され、岡江さんが『夏にいいですね!』とニッコリ。そして一口飲んで岡江さんと東尾理子さん、江藤愛アナが異口同音に「あ〜美味しい!」と大感激していました。
薬丸さんも『炭酸で割るのがいいですね〜。』と、とても気に入った様子でした。

はなまるで、玉置浩二さんのおめざは『ぎゅーっとトマト』。

TBS系列『はなまるマーケット』、3月15日(金)の『はなまるカフェ』のゲストは、デビュー30周年を迎えた歌手の玉置浩二さんでした。
そしておめざは、大好きで家に20本ものストックがあるという北海道は上川郡当麻町にある『エコみらい』のトマトジュース『ぎゅーっとトマト(無塩)』でした。

この『ぎゅーっとトマト』は、完熟したトマトを100%使用し、濃厚な味わい且つ、さっぱりとした味わいが特徴で、無農薬にこだわり、リコピンたっぷりの健康を考えたトマトジュースとのことです。

ぎゅーっとトマト』のお取り寄せは
【ヤフーショッピング】
【楽天市場】
【Amazon】


そして玉置さんはこの『ぎゅーっとトマト』を飲むのは勿論、スープやトマト煮、カレーにも使うそうそうです。
薬丸さんは「ネーミングがいいですね!」と一口飲んで、「濃厚!飲むというより食べるという感じ。」とビックリ。玉置さんは「予想外でしょ!この感じ。」と、岡江さんも「甘いですね!」と、また勝俣州和さんは「これ元気になる!トマトが浸み込むという感じですね。」と感心しきりでした。

はなまるで、土屋アンナさんのおめざは『薔薇の青汁』。

TBS系列『はなまるマーケット』、2月14日(木)の『はなまるカフェ』のゲストは、モデル、女優、歌手として活躍、最近ではレシピ本『あんさんのチャチャッと1ヶ月 ピース・ごはん』も出した土屋アンナさんでした。

そしておめざはアンナさんがスポーツジムで勧められて、毎日胃腸のために飲んでいるという『薔薇の青汁』でした。
この『薔薇の青汁』は、北海道産は大雪山系に自生する天然熊笹を使用し、食物繊維が豊富で、さらにブルガリア産「ダマスクローズオイル」を配合したされているので薔薇の香りも楽しめる新感覚の青汁とのことです。尚、スタジオではアンナさんのリクエストで、温かい調製豆乳に溶かして出されていました。

『薔薇の青汁』のお取り寄せは
【QVCショッピング】 icon
【ヤフーショッピング】
【Amazon】
【楽天市場】

薬丸さんは「薔薇の青汁??」と、不思議そう。しかし飲んでみるとかなり美味しいらしく、岡江さんは「本当!薔薇の香り。うわ〜美味しい!いいじゃない。」と、杉浦太陽さんも「ハーブティーみたい。飲みやすい。こんなのあるんだ〜。」と、そして薬丸さんは「不思議な感覚ですね。」と、意外な美味しさに感激している様子でした。

ちなみに土屋アンナさんのレシピ本
『あんさんのチャチャッと1ヶ月 ピース・ごはん』のお取り寄せは
【Amazon】【ヤフーショッピング】【楽天市場】

はなまるで、麻生祐未さんのおめざは、『クラシックジンジャー』。

TBS系列『はなまるマーケット』、1月11日(金)の『はなまるカフェ』のゲストは、女優の麻生祐未さんでした。

そしておめざは、生姜の飲物が大好きという麻生さんがオススメする東京は渋谷区の『生活の木』の『ハーブコーディアル ロックス&トゥーリー 有機クラシックジンジャー』でした。

この『生活の木』は、ハーブのある暮らし「ハーバルライフ」を提案して35年のハーブ・アロマテラピーの専門店で、世界51カ国の提携農園の厳選したオーガニックハーブや精油などを扱っているお店だそうです。
そして『ハーブコーディアル』は、摘みたてのハーブと、新鮮な果物で作ったノンアルコールの飲物で、この『有機クラシックジンジャー』は、フレッシュな生姜の芽のエキスが入った物だそうです。

麻生さんは家で色々なフルーツジュースを工夫して作るほどの飲物好きだそうで、生姜飲料もあれこれ試してみて、この『ハーブコーディアルロックス&トゥーリー 有機クラシックジンジャー』が、一番美味しくて飲みやすかったそうです。

『生活の木』ハーブコーディアル ロックス&
トゥーリー 有機クラシックジンジャーの
お取り寄せは

【楽天市場】 【Amazon】
【髙島屋オンラインストア】
【ヤフーショッピング】

【髙島屋オンラインストア】『生活の木』一覧

スタジオでは炭酸水で希釈したものが出されていて、本上まなみさんから代わって本日から曜日レギュラーになった勝俣州和さんは、フライングぎみに一口飲んで「めちゃめちゃ美味しいです。コレは朝、走った後に飲みたいですね!」と、また「僕らからしたら、都会の飲物です。」との感想でした。薬丸さんも「美味しい。本当に飲みやすいですね。」と、岡江さんや江藤アナもかなり気に入った様子でした。

はなまるで、三谷幸喜さんのおめざは『キューサイ青汁』。

TBS系列『はなまるマーケット』、7月3日(火)の『はなまるカフェ』のゲストは、脚本家の三谷幸喜さんでした。

そしておめざは、『キューサイ 青汁(冷凍タイプ)』でした。

三谷さんは数ヶ月前に人間ドッグを受けられて、肝臓が良くないと診断され、食生活の改善と、一日8000歩を歩くようにとアドバイスをされたとか、そんなとき平野レミさんが勧めてくれたのが、この『キューサイ 青汁(冷凍タイプ)』だったそうです。

『キューサイ 青汁(冷凍タイプ)』は、スーパー野菜とも言われる、アブラナ科の野菜で栄養満点の『ケール』を、農薬や化学肥料などを一切使用せずに栽培し、生搾りして急速冷凍したものだそうで、野菜不足を補い、自然が育んだビタミンやミネラルも摂取できるそうです。

『キューサイ 青汁(冷凍タイプ)』のお取り寄せは

posted with カエレバ

三谷さんはいつも、牛乳で割って飲んでいるそうで、牛乳100㎖に対し、青汁90gがベストだそうです。
スタジオでもこの三谷さんオリジナルの牛乳割りで飲んで、柴田理恵さんは「あ〜、飲み易くなってる!」と、三谷さんは「何か甘味が出るでしょ。」と、また薬丸さんは「独特の香りはしますけど…。」というと、三谷さんは「この香りがなかったら、何を飲んでるんだってことで、ただの緑の飲物になっちゃう……。」、岡江さんは「確かにそうですよね。青臭いのがいいですよね!」と、皆さん割と美味しそうに飲んでいました。
牛乳割りは、なんかいいみたいです。

旅サラダに『石垣島ジンジャーエール』が登場。

ABCで毎週土曜日、朝8時放送の『朝だ!生です 旅サラダ』、2月25日の『ゲストの旅』は、往年のアイドルで、女優の水沢アキさんでした。

そして旅のタイトルは『スローフード&スローライフに憧れて 〜石垣島・小浜島の旅〜。

旅の始まりは石垣空港、そして絶景の川平湾でグラスボートに乗って水中の珊瑚や魚の群れに大感激して、中心地の日本最南端の商店街『ユーグレナモール』で、マンゴーを試食したあと、島を散策していると『石垣島ジンジャエール工房』を発見。そこでは最近話題で『全国 ご当地ドリンクコンテスト』で、最高金賞に輝いた、地ジンジャエールの『石垣島ジンジャエール』を作っていました。

この『石垣島ジンジャエール』は、石垣島とその周辺の島で採れたショウガや島とうがらし、うこん、シナモンを使い作られる炭酸飲料で、ハイビスカス、パイナップルなど10種類の味があるそうです。瓶詰めやラベル貼リも全て手作業での生産で、実にスローライフでした。

『石垣島ジンジャーエール』の
お取り寄せは

posted with カエレバ

水沢さんは、試飲して「今までのジンジャエールじゃない。ショウガの味がうわ〜っと来ますね。後味がすごく良い。」と、気に入った様子。

そして石垣港から小浜島に渡り、この日は『ホテル はいむるぶし』に泊まり、コテージからの風景に感動し、夕食の石垣牛スープしゃぶしゃぶに、これまた感動。

翌日は電動自転車を借りて、小浜島巡り。サトウキビ畑や大岳の山頂で絶景を楽しみ、海辺でアーサー(あおさのり)の収穫を見てから、アーサーの天ぷらや、アーサー汁をご馳走になり、大満足の旅でした。

タモリ俱楽部に、青森の名酒「田酒」の酒粕が登場!

毎週金曜日の深夜、テレビ朝日で放送の『タモリ俱楽部』。
2月17日の企画は、『地球にも胃にも優しい呑み企画 ブランド酒粕の甘酒で酔う!!』でした。

ゲストは俳優の升毅さん、タレントの玉袋筋太郎さん、エディターでライターのおなじみ渡辺祐さん。そして解説は日本で唯一の学科、東京農業大学・短期大学部 醸造学科の穂坂賢教授でした。

近年ブランド化している高級日本酒の酒粕を、全国からお取寄せして甘酒を作り、名酒の味を低予算で楽しむというこの企画、昨今の発酵食品ブームに更に火を付けそうな(?)充実の内容でした。

そして最初に出て来たのは、青森県の西田酒造の名酒『田酒』の『特別純米酒』の酒粕でした。この『田酒 特別純米酒』は、麹で蒸米を溶かして作る『山廃仕込み』らしく、味に厚みがありながら、スッキリと仕上がったお酒だそうです。

そしてその酒粕で作った甘酒の味は、タモリさんや升さんによると、香りとても良く、お酒の味わいが口にさぁ〜と広がるとのことでした。最初は本来の味を確かめようと、砂糖を入れずに飲みましたが、逆に砂糖を入れた方が本来の味が解り易かったようです。

『田酒 特別純米酒』の『酒粕』のお取り寄せは【楽天市場】

『田酒 特別純米酒』のお取り寄せは

posted with カエレバ

ここで特別におつまみとして『焼き酒粕』が登場!これは升さんが自前で持って来た岐阜県美濃市の『小坂酒造場 百春』の酒粕でした。
タモリさんをはじめ、玉袋さんもちょっとだけ醤油をつけ「香ばしい!」と、美味しそうに摘んでいました。

ちなみに『小坂酒造場 百春』のお取り寄せは

posted with カエレバ

いいとも!の差し入れに、『セレブ・デ・トマト』が登場。

フジテレビ系列『笑っていいとも!』の、『芸能人が感動した勝負差し入れが来るう〜』の、10月27日(木)のゲストは、俳優の石田純一さん。

そして今日の『勝負差し入れ』3品のうちの最後が『東京・青山 セレブ・デ・トマト』のトマトジュース『薫寿(ことぶき)』でした。

石田さんはこの『薫寿』を、松任谷由実のコンサートの現場などに差し入れしたとか。

この『東京・青山 セレブ・デ・トマト』の『薫寿』は、北海道産の最高級フルーツトマト100%で作られたもので、水分を一切使ってないそうです。
独特のコクと甘さ、爽やかな喉ごしは、トマトジュースの域を超えて、フルーツジュースのような味わいとのことです。

お取り寄せはファミマ.com
※リンク先で「薫寿」で検索すると見つかります。

そしてMCの山崎弘也さんが飲んで、「美味しい!酸味がなくてトマトの甘みだけ。口の中がトマト畑といった感じ…。」と、ちょっとわかりずらいコメント。で、いざ値段を当てる段になって、高橋真麻アナの持っていた解説用のフリップに、値段表記があり、全員に5,000円という事がバレてしまうがそのまま進行!みんな一応考えたフリをして全員正解で、全員が『薫寿』を試飲。「美味しい!」と絶賛でした。