暮らし通 >テレビで話題のグルメお取り寄せ > 009魚介類

旅サラダで、三船美佳さんのお勧めは『京大和』の西京漬。

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。
3月30日の美味しいものは、三船美佳さんがお友達から聞いて一度食べてみたいと思っていた、京都市は東山区にある老舗料亭『京大和』の『西京漬け』でした。

この『京大和』の『西京漬け』は、鮭や明石鯛、甘鯛、本鰆、真名鰹、目抜、貝柱などを脂の乗り具合で産地を変えて厳選したものを使い、特注品の西京味噌に、焼き上がりによりコクと風味が出るよう水飴をブレンドした特製の味噌に3日間漬け込んだ絶品とのことです。

『京大和』の西京漬や瓶詰めの
お取り寄せは【ゼクシィStore】

神田正輝さんは一口頬張り「うん、うん!」と味わいながら美味しさに納得した様子。向井さんも「いいお味!」と、三船さんは「甘みが美味しい」と。
そんな中、神田さんは一言「最強だね!」と……。そして一同軽く去なして西京漬けに集中!勝俣さんも「お花見に持って行きたいですね!本当に美味しい!」と絶賛でした。

旅サラダ、向井さんのお勧めは釜石の名物『三陸海宝漬』。

毎週土曜日、朝8時ABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。
3月16日の美味しいものは、向井亜紀さんお勧めの、岩手県は釜石市で創業73年の『三陸海鮮料理 中村家』の『三陸海宝漬』でした。

この『三陸海宝漬』は、ここ数年テレビ番組や雑誌に取り上げられ大人気の商品で、コクと風味のよい銀毛鮭のイクラと三陸産の柔らかい黒アワビ、厚くトロみが強いメカブを秘伝の醤油ダレに漬け込んだもので、『ご飯のお供』の最高峰ともいえる贅沢な逸品です。

向井さんは、ご主人で元格闘家の高田延彦さんが、先日釜石に行った際にお土産に買ってきくれて気に入ったそうで、「美味しくて、これさえあればご飯を炊くだけでOK!」とのことでした。

■『中村家の三陸海宝漬』のお取り寄せは
【ベルーナネットショッピング】中村家の三陸海宝漬
  
お取寄せ専門サイト【おとなの週末】三陸海宝漬[中村家]
【ディノス】「中村家」三陸海宝漬 (通常お届け)

【贈り物のコンシェルジュ リンベル】
『三陸海鮮料理 中村屋』三陸海宝漬・荒波

【Yahoo!ショッピング】三陸海宝漬

【髙島屋オンラインストア】【Amazon】【楽天市場】
全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト【47CLBU(よんななクラブ)】

そしてスタジオでは白飯とともに出されて、神田正輝さんが、「これは搔き込むしかない!」と一気に食し、「う〜ん旨い!黒アワビ食べたかったんだ〜!」と、そして今週の旅のゲストで俳優の若林豪さんも「美味しい。美味しい!」と連呼。
三船さんや勝俣さんも「アワビが大きい!」、「メカブも美味しい、最高!」と、また神田さんは「これ上品に食べてる場合じゃない。後やっといて!」と向井さんに言って完食の勢いでした。

『中村家 三陸海宝漬』を食べた感想はこちら!
DSC09802

旅サラダの青森の旅で、増田惠子さんが大間のまぐろを堪能。

ABCで毎週土曜日、朝8時放送の『朝だ!生です 旅サラダ』、12月22日の『ゲストの旅』は、往年の国民的アイドル『ピンクレディー』で活躍し現在はソロシンガーの増田恵子さんでした。
そして旅のタイトルは『冬の青森へ』。

JR新青森駅から始まった旅は、まずは青森市内を散策。そして『アウガ新鮮市場』に入り、地元でとれた魚介類にワクワクして、とりあえず目に付いた大好きな紅鮭のハラスを購入し、すぐさま『大間のまぐろ』にも興味津々。甘くて旨味の濃いまぐろを試食して、「美味しい!知ってるまぐろの味じゃない!」とビックリして早速これもお買い上げ!買った後も試食が止まらない増田さんでした。

この後は市内の、あの有名な『田酒』の酒蔵『西田酒造店』に立寄り、日本酒造りの現場を見学し、新酒を試飲して大満足。
夕食は津軽三味線と郷土料理が楽しめる『正調民謡の店 甚太古』で、民謡と郷土料理三昧。
そして2日目は風雪の十和田湖畔の風景を眺めてから、十和田市で牛バラ肉と玉葱を甘辛の醤油ダレで焼いた当地グルメ『十和田バラ焼き』を味わい、最後は2008年にオープンした『十和田市現代美術館』で、数々のユニークな作品を鑑賞…。
スタジオの神田正輝さんや三船美佳さん、向井亜紀も羨ましがるとても素敵な冬の青森の旅でした。

増田恵子さんんも絶賛の
大間のまぐろのお取り寄せは
【楽天市場】 【ヤフーショッピング】
全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト
【47CLBU(よんななクラブ)】

旅サラダ、向井さんのお勧め田村丸『金目鯛味噌漬け』。

毎週土曜日、朝8時ABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。 12月15日の美味しいものは、向井亜紀さんお勧めの、静岡県は東伊豆町の、『田村丸水産 金目鯛味噌漬』で、向井さんは、一度食べてハマッたそうです。

『田村丸水産』は魚介などの海産物をおろす海の幸専門のお店で、この『金目鯛味噌漬』は、東伊豆の名物だそうです。

伊豆近海で獲れた35センチ以上の脂が乗った金目鯛だけを味噌漬けにするそうです。独自にブレンドした2種類の信州味噌は、甘くまろやかな1年ものと、濃厚な味わいの3年もの。それに醤油、みりんを混ぜて金目鯛を漬込むこと3日間。
豊かなコクが生まれ、焼けばふっくらと柔らかく味噌の香ばしさがたまらない逸品で、これからの時期は増々脂が乗って美味しくなるそうです。

東伊豆名物
田村丸『金目鯛味噌漬け』のお取り寄せは
【楽天市場】 【ヤフーショッピング】


MCの神田正輝さんは、ひと口食べ、噛み締めて「旨い!甘いのかと思ったら、甘くない!」と気に入った様子。三船美佳さんは「香りが最高ですね。美味しい!」と、勝俣さんは「3年ものの味噌の美味しさですね。」と、また向井亜紀さんは「金目を愛してる人が作った美味しさ。」と大好評でした。
そして黙々と食べる神田さんに三船さんが「神田さんお仕事中ですよ!」と、コメントを促すと神田さんは「おばあちゃんに、食べるときは喋るなと言われたんだ。」と返す始末。何ともお行儀のいい一言に三船さんは「お利口さんですね〜!」と、大爆笑を誘っていました。

旅サラダ、勝俣さんお勧めは焼津『山政 本鮪あぶりトロ』。

毎週土曜、朝8時ABC放送の『朝だ!生です 旅サラダ』のお取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。

12月8日の美味しいものは、勝俣州和さんお勧めの、静岡県は焼津市の『山政 炭火焼本鮪あぶりトロ』でした。

この『山政』は日本で有数の鮪の水揚げ量を誇る焼津港の近くにあり、創業100余年で、焼津の代名詞ともいえる『鰹』と『鮪』を扱う老舗です。
また完全受注生産のこの『本鮪あぶりトロ』は、清水港と焼津港で水揚げされた天然の本鮪を炭火で炙った贅沢な一品です。

鹿児島・桜島の溶岩石を混ぜた、ナラ材の黒檀の強力な火で、サッと表面を2ミリほど炙ることによって、外はこんがり中はとろりとしたとろけるような食感で、極上の美味しさです。また添付のタレも鮪にマッチしてよい味です。※『山政 本鮪あぶりトロ』を実際に食べた感想はコチラ!

焼津『山政 本鮪あぶりトロ』のお取り寄せは
【楽天市場】
【ヤフーショッピング】

【ベルメゾン】
本鮪あぶりトロ・メバチ鮪
あぶり詰合せ(味まかせ 山政)

■ちなみに、焼津『山政 炭火焼 かつおたたき』のお取り寄せはコチラ!
【髙島屋オンラインストア】焼津『山政』
【オンライン限定】炭火焼 かつおたたき

スタジオの出演者はいつも以上の笑顔。神田正輝さんは一口食べ「旨い!」と。その後、勝俣さんの真似をして『本鮪あぶりトロ』をご飯の上に敷き詰めどんぶりにして、寡黙にモリモリと食べていました。
向井さんや三船さんも「美味しい!」、「家で食べられない味!」と絶賛!勝俣さんは「サンタにこれをお願いしたい。」と完食。
最後は寡黙に食べる神田さんが一同に「何か喋ってください。」と突っ込まれる始末でした。

満天☆青空レストランに、海の貴婦人『若狭ぐじ』が登場。

日本テレビ系列、12月1日(土)放送の『満天☆青空レストラン』が訪れたのは、福井県は小浜市。ゲストはタレントのスザンヌさん。

そして宮川大輔さんと二人で本日の食材、海の貴婦人と異名をとる『若狭ぐじ(甘鯛)』を求め名人のもとを訪ねると、本日は海は大しけ。で、とりあえず2010年6月の小鯛の笹漬けの回の小鯛漁の時、奇跡的に釣れた『若狭ぐじ』映像を流し、前日獲れた『若狭ぐじ』で絶品料理を堪能することに…。

この『若狭ぐじ』は若狭湾で獲れる大振りな甘鯛のこと。柔らかく甘味がある白身魚で、底延縄漁という840本もの針の付いた糸を海底に沈め、魚体を傷つけずに丁寧に釣る手間のかかる漁法で獲れたもので、時には1匹で1万円もし、京都の料亭でも珍重される高級魚だそうです。

二人は甘くてコリコリの若狭ぐじのお造り、脂が乗った若狭ぐじの焼き魚、贅沢の極み若狭ぐじのフライ、あら汁を食し大満足。そして小浜の伝統的調味料『雲丹醤(うにひしお)』という魚醤を使った卵掛けご飯、イカ焼き、乾杯メニュのクリームパスタを食し、若狭湾の美味三昧でした。

『若狭ぐじ』の干物や昆布締めのお取り寄せは
【楽天市場】
【ヤフーショッピング】
【Amazon】
【ショッピングフィード】満天青空レストランで紹介!若狭焼き 若狭ぐじ(甘鯛・あまだい)の風干し(一夜干し)[約22センチ特大サイズ]1尾 【高電圧凍結仕様】

《この日のメニュー》
■甘くてコリコリの『若狭ぐじのお造り』
■鱗を付けたままパリパリと香ばしい『焼き若狭ぐじ』
■贅沢の極み『若狭ぐじの巨大フライ』
■旨味たっぷりアツアツの『若狭ぐじのあら汁』
……【小浜の伝統的調味料『雲丹醤』を使ったメニュー】
■クリーミーでコクのある『雲丹醤の卵掛けご飯』
■なるほどの美味しさ『雲丹醤とアスパラとアオリイカのイカ焼き』
【乾杯メニュー
■ベーコン・しめじを使った濃厚な味わい『雲丹醤のクリームパスタ』

旅サラダ、神田さんのお勧めは、熱海『あをきのひもの』。

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。

11月24日の美味しいものは、神田正輝さんお勧めの、静岡県は熱海市の熱海銀座商店街にある『あをきのひもの 本店』の『天日干し干物 真あじ』でした。

8月25日に放送の『コレうまスペシャル』で、今までのお取寄せの全80品を紹介した際に、神田正輝さんのお勧めの商品には、練り物をはじめ魚介系がかなり多く、大変なさかな好きが発覚!(?)。で、今回も、ご他聞にもれず美味しい干物の紹介となったようです。

この熱海の『あをきのひもの』は創業146年の干物専門店で、干物屋の多い熱海でも有名な老舗です。そしてこの『天日干し干物 真あじ』は、九州は玄界灘の脂の乗った鯵を開き、独自にブレンドしたマイルドで甘味を感じる『モンゴル岩塩』を、熟練の技で均等に振ってから塩水に浸けて天日干しをするという、手間ひまを掛け旨味と食感をいかした干物だそうです。

熱海『あをきのひもの』の
アジや金目鯛の干物のお取り寄せは

【髙島屋オンラインストア】
※『高島屋オンラインストア』は開いたページの検索窓に『あをき』と入力!
【楽天市場】

商品紹介が終わるや否や、神田正輝さんは「食べてよか?」とパクリ!「うまい!品のイイ味!」と、勝俣さんや三船さんも「本当に肉厚!美味しい!」と、向井さんは「お塩がちょうどいいですね。」と満足そうでした。

DSC03741 DSC03726 DSC03736ちなみに、熱海といえば昔は団体旅行のメッカでしたが、今は個人旅行にもピッタリの良い温泉街です。この『あをきのひもの 本店』のある、『熱海銀座商店街』のあたりは、また雰囲気がよく、『あをきのひもの 本店』の向かいにある『純喫茶 パインツリー』は、昭和の懐かしさがいっぱいで、何故か心が落ち着きます。(左上はその店頭とメニューです)
最近ではいい宿も沢山あります。一度足を運んでみては?
■熱海の宿の予約は【楽天トラベル】

Moritetsu-banner01-460

満天に『しゃくなげの森 黄金イクラ・ヤマメ漬』が登場!

日本テレビ系列、11月10日(土)放送の『満天☆青空レストラン』は、毎年恒例の『新米スペシャル』。

ゲストの椿鬼奴さんと、宮川大輔さんが訪れたのは、佐賀県相知町。ここで3年連続の出演となる、東京の老舗米店『スズノブ』の3代目で、五ッ星お米マイスターの西島豊造さんと合流。

3人は早速、お米作り名人の飯田隆雄さんを訪ね、黄金色に稲が実る田んぼで、デビューから2年連続で『米の食味ランキング・最高評価特A』を獲得した『さがびより』とご対面。
そしてその場で薪で炊いた『さがびより』を試食し、超・大絶賛!
『コシヒカリ』の様な旨味と甘さは有りつつ、ベトツキは無く『ササニシキ』ようにサッパリしているとのことでした。

で、ごはんと言えば『ご飯の友』。ここで登場したのが全国の美味。
『有明一番摘み焼きのり』、『東京永田町 山の茶屋 うなぎ蒲焼き』、『銀座若菜 長芋きのこづくし』、『佐賀牛ハンバーグ』などの『ご飯の友』と並び、『しゃくなげの森 黄金イクラ・尺ヤマメ漬』が登場!

この『黄金イクラ』は、宮崎県三股町の渓流の水で時間をかけて養殖された大振りのヤマメの、一匹から1000個しか獲れないメスの卵を酒にくぐらせ、鹿児島県産の浜塩合わせて作ったもので、また『尺ヤマメ漬』は、そのオスの脂がのった身を、醤油・酒・味醂・すりごまに一日漬けたもの。これを『さがびより』の上のせて食べた三人は、「旨い!」と感動。アッと言う間にどんぶり飯が空っぽに…。

『しゃくなげの森 黄金イクラ・ヤマメ漬』
お取り寄せは
【楽天市場】 【ヤフーショッピング】


そして『さがびより』三昧をした結果、『さがびより』は、どんなおかずにもピッタリ合うオールマイティーなお米で、購入額でパンに抜かれたお米の復活に期待が出来るという結論でした。

旅サラダ、生中継は石川県の輪島から『加能ガニ』三昧。

毎週土曜日、午前8時ABC系列で放送の『朝だ!生です 旅サラダ』で、毎週毎週、日本全国の旬の美味を、美味しそうに食べまくる人気コーナー『ラッシャー板前の生中継』。

11月10日は、石川県輪島市から、先日6日に解禁となった北陸の名物『ズワイガニ』を紹介。

このズワイガニは福井では越前蟹、鳥取など山陰では松葉蟹と呼ばれていますが、ここ石川県では、平成18年に公募で決まった『加能ガニ』と呼ばれているそうで、中でもここ輪島市の輪島漁港では県内随一の漁船数と水揚量を誇るそうです。

石川県産『加能ガニ(ズワイガニ)』の
お取り寄せは

【ヤフーショッピング】 【楽天市場】

早速、ラッシャーさんは港で、地元の漁協の人と茹で蟹、焼き蟹、蟹の炊き込みご飯と立て続けに頬張り、「コクと甘味があって美味しい!」、「ミソが濃厚!」と大満足の様子。終いにはミソに輪島の地酒を注いでもらって飲む始末。例によってスタジオからはブーイングの嵐が……。

人気番組、旅サラダのお取り寄せコーナー「日本全国 コレ!うまかろう!! 」完全保存版のスペシャルで80品を一挙紹介。

毎週土曜日、朝8時ABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の、お取り寄せの大人気コーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。
8月25日は過去に放送した、全国の美味しいお取り寄せを、完全保存版のスペシャル企画で一挙に紹介!

神田正輝さんをはじめ、向井亜紀さん、三船美佳さん、勝俣州和さんらレギュラー陣のお気に入りの美味しいお取り寄せが全週全品集結して、なんとその数、全80品!しかも今回は一切試食なし。見ているだけで空腹が襲ってくる過酷な内容でさらに、よりによってゲストは美食家でも知られる俳優の中尾彬さん。
次から次に紹介される美味に全員が唸り続けていました。

【紹介された商品リスト】 ※記事もあります。クリックしてみてください。
●東京/『つきじ宮川本店』宮川炭火蒲焼
●奈良/『マル勝髙田商店』三輪そうめん・しろやまと秦
●神戸/『インドカレーの店・アールティー』
ベジタブルカレー&ナンセット
●福岡/『薬膳参鶏湯さとや』さとやサムゲタン
●長野/『美包』雪村そば
●宮城/『利休』牛たん
●東京/『丸赤商店』まあじの干物
●長野/『塩屋醸造』えのき味噌
●長崎/『徳信』牧島流鯵茶漬け(梅・塩)
●福岡/『河庄』河庄特製明太子
●香川/『日の出正麺所』純生うどん
●千葉/『中華蕎麦とみ田』中華蕎麦とみ田つけそば
●東京/『めん徳二代目 つじ田』
めん徳二代目 つじ田 お取り寄せつけめん

●東京/『勝丸』勝丸正油ラーメン
●神奈川/『鎌倉ハム富岡商店』特製ロースハム鎌倉
●京都/『紫野和久傳』れんこん菓子西湖
●長崎/『まるなか本舗』長崎香福寺焼かま
●愛媛/『JAえひめ中央』紅まどんな
●鹿児島/『三清屋』黒豚味噌漬け
●長崎/『麺々菜々みろくや』皿うどん
●佐賀/『竹八』あぶり漬け(西京漬け)
●長崎/『雲仙きのこ本舗 雲か山か』養々麺
●福島/『蔵々亭』喜多方ラーメン(しょうゆ味)
●東京/『あべたいと』両面焼きそば
●京都/『土井志ば漬本舗』別樽仕込千枚漬
●東京/『大勝軒』特製もりそば
●京都/『いづ萬』東山魚餅(蒲鉾)
●東京/『帝国ホテル』ハンバーグステーキ オニオンソース
●岐阜/『明宝ハム』明宝ハム
●岩手/『ぴょんぴょん舎』盛岡冷麺(キムチ付き)
●徳島/『谷ちくわ商店』竹ちくわ
●長崎/『田口製麺所』五島うどん
●香川/『骨付鳥一鶴』骨付鳥ひなどり
●大阪/『笑福酒場げんふ』究極のどて焼き
●佐賀/『萬坊』いかしゅうまい
●沖縄/『サン食品』沖縄そば(豚三枚肉付き)
●北海道/『マルカイチ・ながさわ水産』オホーツクのルビー(いくら)
●茨城/『丸真食品』舟納豆
●鹿児島/『もんぺおばさん』黒豚みそ(肉味噌)
●福岡/『平塚明太子専門店』辛口・明太子
●高知/『しゅりの里』放し飼い地鶏の卵
●神奈川/『彩香新館』黒ごまあんまん
●北海道/『十勝トテッポ工房』
ナチュラルチーズケーキ カマンベールのフロマージュ
●静岡/『川奈ホテル』フルーツケーキ
●長崎/『長崎菓寮 匠寛堂』はちみつかすてら
●東京/『LISZT(リスト)』オレンジピールチョコレート
●宮城/『源氏蛍せんべい』源氏蛍せんべい
●静岡/『山崎精肉店』金華豚味噌漬
●三重/『ララポルタ』
ララポルタの本当に美味しいミートソース 生パスタ

●東京/『肉のたかさご』肉のたかさごのやき豚
●東京/『ル・コック』ローストチキン
●石川/『日本料理 銭屋』笹おこわ(蟹、鯛、茸、豚、海老)
●京都/『サリィズキッチン マーガ』しお・けーき
●秋田/『寛文五年堂』いなにわ生うどん 比内地鶏鍋セット
●神奈川/『井上蒲鉾店』かまくら風味おでん
●滋賀/『一湖房』合鴨ロース煮
●岐阜/『飛騨高山 板蔵らーめん』飛騨高山 板蔵らーめん
●京都/『権太呂』鍋焼きうどん
●長崎/『平山旅館』島茶漬け(鯛)
●東京/『千疋屋総本店』マンゴーカレー
●東京/『魚力』サバ味噌煮
●大阪/『黒門三平』北海道産 塩紅鮭厚切り
●静岡/『島沢商店』アジの干物
●京都/『京洛 辻が花』柚香西京漬 慶雲生五彩
●京都/『祇園にしむら』千枚漬鯖寿司 八坂の雪
●長崎/『岩崎本舗』長崎角煮まんじゅう
●兵庫/『あしや本竹園』コロッケ
●大阪/『福島一芳亭』しゅうまい
●長崎/『長崎ぶたまん 桃太呂』長崎ぶたまん
●北海道/『美幌峠物産館』ポテトもち
●京都/『竹中罐詰』オイルサーディン
●広島/『倉崎海産』花瑠&花星(オイル&オイスター)〈牡蠣の油漬け〉
●鹿児島/『小田口屋』さつま揚げ
●京都/『京都居酒屋やすだ』牛すじ煮こみ
●福岡/『博多 磯貝』つぼ鯛博多西京漬
●三重/『志摩観光ホテル・クラシック』お取り寄せアワビカレー
●福井/『四季食彩 萩』若狭牛炙りロース寿司
●秋田/『嶋田ハム』ロースハムステーキ
●北海道/『藤井水産』キングサーモン大助切身
●神戸/『伊藤グリル』特撰ビーフシチュー

Moritetsu-banner01-460