暮らし通 >テレビで話題のグルメお取り寄せ > 006果物

旅サラダ、生中継は山梨県から『かのいわのぴ〜』……って何!

毎週土曜日、午前8時ABC系列で放送の『朝だ!生です 旅サラダ』で、毎週毎週、日本全国の旬の美味を、美味しそうに食べまくる人気コーナー『ラッシャー板前の生中継』。7月20日は、山梨県山梨市は加納岩地区から『かのいわのぴ〜』を紹介。

ここ山梨県は桃の名産地で、全国の生産量の30%を誇るそうで、その中でもこの加納岩地区の『かのいわのぴ〜』は特別に美味しい絶品の桃と評判で、2005年には『第35回 日本農業賞優秀賞』を受賞したそうです。

そしてラッシャーさんは早速、収穫したばかりの『かのいわのぴ〜』を試食、水で洗って表面の産毛を取り、カットして皮ごとパクリと食して目を丸くして「実が硬めだけれど、甘くてジューシー」と絶賛。『かのいわのぴ〜』は平均糖度が13度以上あって、かなり甘いそうです。

しかし次に試食したのは、その糖度を遥かにこえる、『かのいわのぴ〜・恋するセブンティーン』という糖度17度以上の桃。これは『かのいわのぴ〜』の中でも、大きさと色が最上級で、しかも光りセンサーで厳密に糖度を計測し、2000個に1個という超レアもので、これにはラッシャーさんも度肝を抜かれ、その美味しさに恋をしてしまったようです。

山梨の桃『かのいわのぴ〜』と
『かのいわのぴ〜・恋するセブンティーン』の
お取り寄せは
【ヤフーショッピング】 【楽天市場】

ラッシャーさんは、その後農園内で『かのいわのぴ〜』の桃スイーツ三昧。スタジオの神田正輝さんや三船美佳さん、向井亜紀さんの羨望のまなざしの中、『ピーチスムージー』から始まり、『ピーチパイ』、『桃プリン』と、絶品の桃『かのいわのぴ〜』の美味しさを堪能していました。

はまなるで、関根恵子さんのおめざは『エジプシャン デーツ』。

TBS系列『はなまるマーケット』、6月25日(水)の『はなまるカフェ』のゲストは、女優の高橋恵子さんでした。
そしておめざは、美肌の友人がそっと教えてくれたという、東京は渋谷の『ファーイースト バザール』の『エジプシャン デーツ』でした。

この『エジプシャン デーツ』は、エジプトの砂漠のオアシスで実る『ナツメヤシ』の果実を半乾燥させたもので、ミネラルや食物繊維が豊富で、黒糖のように深みのある上品な甘さと、しっとりとした食感が特徴のドライフルーツだそうです。
また保存料や砂糖を一切使っていないので、自然な甘さで果実本来の美味しさが味わえるとのことで、ヨーグルトに入れても良いし、コーヒー・紅茶・お酒のお供としても最適だそうです。

『ファー イースト バザール』の『エジプシャン デーツ』の
お取り寄せは【大丸松坂屋オンラインショッピング】

スタジオでの試食では、岡江さんや東尾理子さんが「それほど甘くない!食感もいい。」、「黒砂糖みたいな 自然な甘さ。」、「健康的なおやつですね!」と、気に入った様子。
薬丸さんは「味はちょっと干し柿に似てますね。」と美味しそうに食べていました。

黒谷友香さんのおめざはアポ山 ペンギン印の最高級バナナ。

TBS系列『はなまるマーケット』、6月6(木)の『はなまるカフェ』のゲストは、女優の黒谷友香さんでした。
そして『おめざ』は、いただき物で知って、その美味しさに感激し、また3本で2,300円というお値段にビックリしたという大阪市西区にある『三木果物店』の『アポ山 スーパー800 ペンギン印バナナ』でした。

この『アポ山 スーパー800 ペンギン印バナナ』は、フィリピンはミンダナオ島の最高峰アポ山の標高800メートル付近で栽培された高級バナナの、その房の中でも最も大きく味の良い中央部分を厳選したもので、ソフトな食感と濃厚な味わいが特徴とのことです。

アポ山 スーパー800 ペンギン印バナナ
のお取り寄せは
【Amazon】 【楽天市場】

スタジオでの試食ではまず、薬丸さんが「えっ!3本で2,300円?!」とビックリ。熊谷真美さんや岡江さんも手に持って「重た〜い!」、「凄いバナナ!」と、そして一口食べて全員「う〜ん!」とうなり、「甘い!」、「噛んだ感じが違う!」、「口当たりが軽い!」と絶賛!
薬丸さんが「1本750円以上ですよね!」と値段のことにこだわると、黒谷さんは「いつも食べている訳じゃないですよ!」と、「最初いただいた時、バナナが箱に入っていることにビックリしましたが、凄く美味しいので時々食べてます。」とのことでした。

また薬丸さんは「いただいたら本当に嬉しいですよね!黒谷さんがおめざに選んでくださらなかったら我々も食べられなかったかもしれないです。」と大感激していました。
しかしもっと感激していたのはTBSの山本匠晃アナウンサーで、「有り難い体験をさせていただきました。」心を込めてお礼を言っていました。
あと岡江さんも終止笑顔でしたが、岡江さんがおめざのコーナーでこれほどニコニコと笑顔が絶えないことは、あまりないことなので本当に気に入ったようです。

はなまるで、松下由樹さんのおめざは『ひとつぶのマスカット』。

TBS系列で毎朝8時30分からの『はなまるマーケット』。5月23日(木)の『はなまるカフェ』のゲストは、女優の松下由樹さんでした。

そしておめざは、スタッフに勧められて食べたら美味しくて大好きになったという、広島県は三原市の『共楽堂』の『ひとつぶのマスカット』でした。

この『共楽堂』は旬の果物や穀類、野菜などを使い、今までにない和風スイーツを作っているお店で、そして今日のおめざの『ひとつぶのマスカット』は、このお菓子のために育てられた岡山県産の朝摘みの生のマスカットを職人さんが、一粒一粒丁寧に求肥(ぎゅうひ)で包んだ全国的にも珍しい贅沢な和菓子で、フルーティーで爽やかな甘さが特徴とのことです。

『ひとつぶのマスカット』のお取り寄せは
【共楽堂】
【楽天市場】

岡江さんや臨時で曜日レギュラーに抜擢された、お笑いコンビ『オードリー』の春日さんと若林さんも一口食べて、マスカットが丸ごと入っているのには感心した様子。
薬丸さんは「皮も楽しむ感じですね。」と、皆さん酸味と甘みが交互にやってくる美味しさに思わず笑顔のおめざでした。
松下由樹さんによると、冷やすとさらに美味しいとのことでした。

『ひとつぶのマスカット』を、実際に食べた感想はコチラ!

人気番組、旅サラダのお取り寄せコーナー「日本全国 コレ!うまかろう!! 」完全保存版のスペシャルで80品を一挙紹介。

毎週土曜日、朝8時ABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の、お取り寄せの大人気コーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。
8月25日は過去に放送した、全国の美味しいお取り寄せを、完全保存版のスペシャル企画で一挙に紹介!

神田正輝さんをはじめ、向井亜紀さん、三船美佳さん、勝俣州和さんらレギュラー陣のお気に入りの美味しいお取り寄せが全週全品集結して、なんとその数、全80品!しかも今回は一切試食なし。見ているだけで空腹が襲ってくる過酷な内容でさらに、よりによってゲストは美食家でも知られる俳優の中尾彬さん。
次から次に紹介される美味に全員が唸り続けていました。

【紹介された商品リスト】 ※記事もあります。クリックしてみてください。
●東京/『つきじ宮川本店』宮川炭火蒲焼
●奈良/『マル勝髙田商店』三輪そうめん・しろやまと秦
●神戸/『インドカレーの店・アールティー』
ベジタブルカレー&ナンセット
●福岡/『薬膳参鶏湯さとや』さとやサムゲタン
●長野/『美包』雪村そば
●宮城/『利休』牛たん
●東京/『丸赤商店』まあじの干物
●長野/『塩屋醸造』えのき味噌
●長崎/『徳信』牧島流鯵茶漬け(梅・塩)
●福岡/『河庄』河庄特製明太子
●香川/『日の出正麺所』純生うどん
●千葉/『中華蕎麦とみ田』中華蕎麦とみ田つけそば
●東京/『めん徳二代目 つじ田』
めん徳二代目 つじ田 お取り寄せつけめん

●東京/『勝丸』勝丸正油ラーメン
●神奈川/『鎌倉ハム富岡商店』特製ロースハム鎌倉
●京都/『紫野和久傳』れんこん菓子西湖
●長崎/『まるなか本舗』長崎香福寺焼かま
●愛媛/『JAえひめ中央』紅まどんな
●鹿児島/『三清屋』黒豚味噌漬け
●長崎/『麺々菜々みろくや』皿うどん
●佐賀/『竹八』あぶり漬け(西京漬け)
●長崎/『雲仙きのこ本舗 雲か山か』養々麺
●福島/『蔵々亭』喜多方ラーメン(しょうゆ味)
●東京/『あべたいと』両面焼きそば
●京都/『土井志ば漬本舗』別樽仕込千枚漬
●東京/『大勝軒』特製もりそば
●京都/『いづ萬』東山魚餅(蒲鉾)
●東京/『帝国ホテル』ハンバーグステーキ オニオンソース
●岐阜/『明宝ハム』明宝ハム
●岩手/『ぴょんぴょん舎』盛岡冷麺(キムチ付き)
●徳島/『谷ちくわ商店』竹ちくわ
●長崎/『田口製麺所』五島うどん
●香川/『骨付鳥一鶴』骨付鳥ひなどり
●大阪/『笑福酒場げんふ』究極のどて焼き
●佐賀/『萬坊』いかしゅうまい
●沖縄/『サン食品』沖縄そば(豚三枚肉付き)
●北海道/『マルカイチ・ながさわ水産』オホーツクのルビー(いくら)
●茨城/『丸真食品』舟納豆
●鹿児島/『もんぺおばさん』黒豚みそ(肉味噌)
●福岡/『平塚明太子専門店』辛口・明太子
●高知/『しゅりの里』放し飼い地鶏の卵
●神奈川/『彩香新館』黒ごまあんまん
●北海道/『十勝トテッポ工房』
ナチュラルチーズケーキ カマンベールのフロマージュ
●静岡/『川奈ホテル』フルーツケーキ
●長崎/『長崎菓寮 匠寛堂』はちみつかすてら
●東京/『LISZT(リスト)』オレンジピールチョコレート
●宮城/『源氏蛍せんべい』源氏蛍せんべい
●静岡/『山崎精肉店』金華豚味噌漬
●三重/『ララポルタ』
ララポルタの本当に美味しいミートソース 生パスタ

●東京/『肉のたかさご』肉のたかさごのやき豚
●東京/『ル・コック』ローストチキン
●石川/『日本料理 銭屋』笹おこわ(蟹、鯛、茸、豚、海老)
●京都/『サリィズキッチン マーガ』しお・けーき
●秋田/『寛文五年堂』いなにわ生うどん 比内地鶏鍋セット
●神奈川/『井上蒲鉾店』かまくら風味おでん
●滋賀/『一湖房』合鴨ロース煮
●岐阜/『飛騨高山 板蔵らーめん』飛騨高山 板蔵らーめん
●京都/『権太呂』鍋焼きうどん
●長崎/『平山旅館』島茶漬け(鯛)
●東京/『千疋屋総本店』マンゴーカレー
●東京/『魚力』サバ味噌煮
●大阪/『黒門三平』北海道産 塩紅鮭厚切り
●静岡/『島沢商店』アジの干物
●京都/『京洛 辻が花』柚香西京漬 慶雲生五彩
●京都/『祇園にしむら』千枚漬鯖寿司 八坂の雪
●長崎/『岩崎本舗』長崎角煮まんじゅう
●兵庫/『あしや本竹園』コロッケ
●大阪/『福島一芳亭』しゅうまい
●長崎/『長崎ぶたまん 桃太呂』長崎ぶたまん
●北海道/『美幌峠物産館』ポテトもち
●京都/『竹中罐詰』オイルサーディン
●広島/『倉崎海産』花瑠&花星(オイル&オイスター)〈牡蠣の油漬け〉
●鹿児島/『小田口屋』さつま揚げ
●京都/『京都居酒屋やすだ』牛すじ煮こみ
●福岡/『博多 磯貝』つぼ鯛博多西京漬
●三重/『志摩観光ホテル・クラシック』お取り寄せアワビカレー
●福井/『四季食彩 萩』若狭牛炙りロース寿司
●秋田/『嶋田ハム』ロースハムステーキ
●北海道/『藤井水産』キングサーモン大助切身
●神戸/『伊藤グリル』特撰ビーフシチュー

Moritetsu-banner01-460

満天に、和歌山の『しらす屋前福 ちりめん山椒』が登場。

日本テレビ系列、6月30日(土)放送の『満天☆青空レストラン』が訪れたのは和歌山県は有田郡有田川町。
ゲストはお笑いコンビ『FUJIWARA』の藤本敏史さんと原西孝幸さんでした。

二人は早速、宮川大輔さんとともに名人永岡冬樹さんのもとへ。そして本日の食材は、ミカンや梅と並ぶ和歌山名産の『山椒』でした。ここ和歌山県では全国の7割以上の『山椒』を収穫していて、隠れた名品だそうです。

『山椒』の畑では、山椒の木にぶどうの様に大粒で撓わに実った『ぶどう山椒』がいっぱい。一粒捥いでかじった三人でしたが、強烈な山椒の香りと辛さに下がビリビリと麻痺していたようです。

『山椒』は縄文時代から自生している日本古来の香辛料で、柑橘系の植物だそうで、実の表面はミカンの皮に良く似ていて、三人もビックリ!また若い時期に収穫したものが、料理屋で玉子豆腐などの上に飾りとして使う葉山椒で、実がまだ若いうちに獲ったものが、佃煮などに使う『粒山椒』、夏まで実らせ収穫し乾燥させて挽いた物が鰻の蒲焼きや七味唐辛子などに使う『粉山椒』だそうで、意外に知らないことだらけでした。

和歌山県有田川町に『ぶどう山椒』の
お取り寄せは【楽天市場】

そして収穫したあとは『山椒』料理三昧!サバの山椒煮や、山椒バター、麻婆豆腐、仰天スイーツに「うまいっ!」を連発!そして乾杯メニューに現れたのが『しらす屋前福 ちりめん山椒』でした。

この『しらす屋前福』は、醤油発祥の地、和歌山県湯浅町にある創業百年のしらすの老舗で、本来は京都のおばんざいである『ちりめん山椒』を、「伊勢水道のシラス、有田川町の山椒、湯浅の醤油と、その材料の名産地で何故作らへんのか?」と、いうことで作ったとのことで、朝獲れたしらすを釜揚げし、天日に干し、昆布出汁、ザラメ、酒、味醂、湯浅の昔ながらの手づくり醤油で粒山椒とともに炊き上げ、また天日干しにするという、手間ひまをかけたその『ちりめん山椒』は絶品とのことでした。

 和歌山県『しらす屋前福 ちりめん山椒』
お取り寄せは

posted with カエレバ

《この日のメニュー》
■粒山椒と醤油、砂糖、味醂で煮込んだ『サバの山椒煮』
■バターに蜂蜜と茹でた粒山椒を潰して混ぜた『山椒バター』トースト乗せ
■水煮粒山椒と粉山椒をタップリ入れた『麻婆豆腐』
■クミン、レッドペッパー、ターメリック、トマト、鶏肉、粉山椒で
エスニック風に作った『山椒スープカレー』
■粒山椒を水、砂糖で煮詰め冷やした
『仰天スイーツ 山椒ジャムを掛けたレアチーズケーキ』
【乾杯メニュー
■ごはんの友『しらす屋前福 ちりめん山椒』

『みんなのアメカン』に『奈良吉野いしい 柿珠玉』が登場。

6月21日(木)午後7時、日本テレビ系列で放送の『みんなのアメカン』。

その最初のコーナーは、様々なジャンルの人気No1を三択の中から当てる『選べイマドキNo1』で、『食べ放題レストランの人気メニュー』、『女性タレントの人気ヘアスタイル』、『カラオケでの人気失恋ソング』、『北海道の人気名産品』から、それぞれ一番人気を当てるというもの。
そして宮迫チーム(宮迫博之、トリンドル玲奈ほか)と、綾部チーム(綾部佑二、杉崎美香ほか)が競い合い、最後に成績に応じてスイーツが食べられる『ご褒美タイム』が……。

そして綾部チームのご褒美に登場したスイーツは、多くのテレビ番組や雑誌で紹介され大注目の『奈良吉野いしい 柿珠玉(かきしゅぎょく)』でした。綾部佑二さんや杉崎美香は、「上甘さに品がある!」と美味しそうに頬張っていました。

柿の専門店『奈良吉野いしい』の、柿をまるごとシャーベットにしたこの『柿珠玉』は、奈良吉野産の平種無柿を、独自の製法で甘みを浸透させて水っぽさをなくし、ほんのりブランデーをきかせた大人の味わいで、甘さ控えめで、柿の風味や後味も良く、その名の通り珠玉の逸品だそうで、1玉約120g以上もある贅沢な絶品デザートとのことです。

『奈良吉野いしい 柿珠玉』の
お取り寄せは
全国の地方新聞社厳選
お取り寄せサイト
【47CLBU(よんななクラブ)】

旅サラダ、生中継は山形県のさくらんぼ『佐藤錦』三昧。

毎週土曜日、午前8時ABC系列で放送の『朝だ!生です 旅サラダ』で、毎週毎週、日本全国の旬の美味を、美味しそうに食べまくる人気コーナー『ラッシャー板前の生中継』。

6月23日は、山形県東根市から、今が旬の特産品、露地物のさくらんぼ『佐藤錦』を紹介。

この東根市は『佐藤錦』の発祥の地だそうで、今年はまた当たり年とかで、粒よりのさくらんぼが実っていました。『佐藤錦』の美味しさのポイントは、春先から丁寧に剪定や摘果をして、一花薮に5〜6粒出来る実を2粒くらいに間引いて、着果量を減らすことで、大きさや色合いも揃った美味しいさくらんぼができるのだそうです。

こうやって丹念に作った『佐藤錦』は、桐箱に収められた最高級品の地元価格が約3万円で、東京では、なんと約6万円にもなるといいます。

そしてラッシャーさんは樹齢70年にもなるという木から大粒の『佐藤錦』を摘みパクリ!口当りがよく、程よい酸味が甘さをより引き立たせていて、コクがあるとのことでした。

山形県東根市産 さくらんぼの王様
『佐藤錦』のお取り寄せは

全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト
【47CLBU(よんななクラブ)】

posted with カエレバ

そのあとは、地元の菓子組合の人たちが作った、『佐藤錦』のスイーツを果樹園内で試食。
中にも上にも『佐藤錦』がたっぷりの『佐藤錦のタルト』や、『佐藤錦のロールケーキ』、『佐藤錦のミルフィーユ』など、『佐藤錦』三昧でした。
いつもならスタジオの神田正輝さんたちから、こっちにも食べさせろとブーイングが起こるのですが、今日はあまりにも美味しそうだったので、静かに放心状態でした。

旅サラダ、勝俣さんのお勧めは『千疋屋 マンゴーカレー』。

毎週土曜日、朝8時ABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。
4月14日の美味しいものは、勝俣州和さんお勧めの、東京は日本橋の創業天保5年の老舗果物店『千疋屋総本店』の『マンゴーカレー』でした。

この千疋屋総本店の2階の直営レストランで食べられる看板メニューの『千疋屋 マンゴーカレー』は、レトルトでも販売されていて、マイルド辛さと、ジューシーで濃厚な美味しさの極上ポークカレーです。(実際に食べた感想はコチラ!)

DSC01702 DSC01710 DSC01712

酸味の少ない厳選した完熟マンゴーをすりつぶし、数種類のフルーツを香辛料で煮たチャツネと混ぜ、秘伝の自家製カレールーとともに、炒めて甘さを出した玉ねぎに加え、さらに8時間煮込んだ特製のブイヨンを注ぎ入れ、そこにブランデーと赤ワインでフランベしてソテーした国産の豚バラ肉を投入し、2時間じっくりと弱火で煮込んで、一体感のあるフルーティーな美味しさのカレーに仕上げるそうです。

『千疋屋総本店 マンゴーカレー』の
お取り寄せは

【楽天市場】 【ヤフーショッピング】

スタジオでは商品説明が終わるのを待ちきれずに神田正輝さんは「食べていい?」と、一口食べ「うま〜い」と一言、「マンゴーと豚肉って合うねー」と、勝俣さんは「やった〜!美味しい。贅沢ですよね。」と、三船さんも「うまっ!」と、かなり気に入った様子。旅のゲストの俳優の志垣太郎さんも「本当にマイルドなんですねぇ。」と、美味しそうに食べていました。

ちなみに、千疋屋ではバナナ、メロン、リンゴ、桃など数多くの試作カレーを作って、マンゴーが一番だったので、40年前にこの『マンゴーカレー』を発売したそうです。

はなまるで、陣内孝則さんのおめざは福岡の『あまおう』。

TBS系列『はなまるマーケット』、3月15日(木)の『はなまるカフェ』のゲストは、ロッカーで俳優で映画監督の陣内孝則さんでした。

そして『おめざ』は、映画の舞台挨拶で福岡県の久留米に訪れたとき、地元の農協の方が差し入れてくださったけれど、忙しくて食べられなかったので、はなまるマーケーットを利用して食べたかったという福岡県の名産『あまおう』でした。

この『あまおう』は、「あかい(番組でではあまいと言いましたがあかいが正しいようです)、まるい、おおきい、うまい」の頭文字が名前の由来で、日本一のイチゴを作ろうと、永い年月をかけ開発した品種で、今では栃木の『とちおとめ』などと並んで、美味しいイチゴの代名詞となっています。

福岡のイチゴ『あまおう』のお取り寄せは
全国の地方新聞社厳選お取り寄せサイト【47CLBU(よんななクラブ)】

posted with カエレバ

スタジオでは一同食べるなり「甘〜い!美味しい!」と満面の笑み。この甘さに陣内さんは「何も付けなくてもいい!やっぱり久留米は侮れないですね!」と、本当に甘くて美味しかったようです。