暮らし通 >テレビで話題のグルメお取り寄せ > 005野菜

北海道の『かぼっコリー』が、『SmaSTATION』に登場!

icon icon

毎週土曜日、午後11時15分にテレビ朝日で放送の人気番組『SmaSTATION!!』。2015年9月19日からは『3週連続新企画』!。

その第一弾は、俳優の三浦春馬さんをゲストに、『たまの贅沢!今の季節に食べたい!日本全国の最新ブランド食材 ベストセレクション』を放映していました。

その紹介された『最新ブランド食材』のひとつに、北海道は夕張郡の『かぼっコリー』が登場。

『かぼっコリー』は、カボチャの生産量日本一を誇る北海道の中でも新しいブランドです。一般的なカボチャに比べてかなり小さいく、しかも皮が柔らかく、女性でも簡単にサクッと切ることができるとか。
そして『かぼっコリー』の最大の特徴は、β-カロテンやビタミンなどの栄養が豊富な皮から種まで、まるごと生で食べられる生食専用のカボチャとのことのようです。またコリッとした食感からその『かぼっコリー』と名付けられたとか…。

収穫するタイミングがとってもシビアで、このまま成長したら普通のカボチャになるものを、皮も種も柔らかい未熟の状態で収穫しているとのことでした。β-カロテンは油との相性が良いので、オリーブオイルをかけて食べるのもオススメだそうです。

かぼっコリーは【おいしっくす】の
『4週間体験キャンペーン』の中にあります。
icon

■この日に紹介された『最新ブランド食材』一覧
トマト●『乙女の涙 スウィーティア』
サツマイモ●『わたしのお芋さま』
サバ●「『松輪サバ』
カボチャ●『かぼっコリー』
豚肉●『黒龍吟醸豚』
ブドウ●『ルビーロマン』
鯛●『みかん鯛』
梨●『きららか(R)梨』

鹿児島の『わたしのお芋さま』が、『SmaSTATION』に登場!

毎週土曜、午後11時15分にテレビ朝日で放送の『SmaSTATION!!』。2015年9月19日からは『3週連続新企画』!。
その第一弾は、俳優の三浦春馬さんをゲストに、『たまの贅沢!今の季節に食べたい!日本全国の最新ブランド食材 ベストセレクション』を放映していました。

その紹介された『最新ブランド食材』のひとつに、鹿児島県は曽於(そお)市のサツマイモ『わたしのお芋さま』が登場。

サツマイモの収穫量で全国一位を誇る鹿児島県のなかでも、この最新ブランド『わたしのお芋さま』は秀逸だそうです。街頭の試食では「甘いッ!」と大好評!地元でも品切れ続出だそうです。

収穫した「紅はるか」を、湿度90%以上で、温度が約14℃から16℃を保っている山中の洞窟で、デンプン質が糖に変わるまで、2ヵ月間じっくり熟成させ、遠赤外線で焼いたけば『わたしのお芋さま』の完成とか…。スタジオでは三浦春馬さんが一口試食。そして一言「甘い!」とのこと…。
食べる時に電子レンジでおよそ4分間温めるだけ(500wの場合)。蜜に浸されているような甘さと、ねっとり感がたまらない一品だそうです。

売切れ必至の『吉川農園』の
『わたしのお芋さま』のお取り寄せは【Amazon】


■この日に紹介された『最新ブランド食材』一覧
トマト●『乙女の涙 スウィーティア』

サツマイモ●『わたしのお芋さま』
サバ●「『松輪サバ』
カボチャ●『かぼっコリー』
豚肉●『黒龍吟醸豚』
ブドウ●『ルビーロマン』
鯛●『みかん鯛』
梨●『きららか(R)梨』

Oseti2016banner

高知県の絶品トマト『乙女の涙』が、『SmaSTATION』に登場!

毎週土曜日、午後11時15分にテレビ朝日で放送の人気番組『SmaSTATION!!』。2015年9月19日からは『3週連続新企画』!。

その第一弾は、俳優の三浦春馬さんをゲストに、『たまの贅沢!今の季節に食べたい!日本全国の最新ブランド食材 ベストセレクション』を放映していました。

その紹介された『最新ブランド食材』のひとつに、高知県は吾川(あがわ)郡のトマト『乙女の涙 スウィーティア』が登場。

この『乙女の涙』は、30種類以上ものトマトを生産している高知県の中でも、有数の甘みの強いトマトだそうで、その糖度は通常の5度に対して11.2度と驚異の数値です。
この糖度は、栽培過程で与える水の量を通常の半分程度にコントロールすることで実現したそうです。

高知県産
『乙女の涙 スウィーティア』の
お取り寄せは
【楽天市場】


■この日に紹介された『最新ブランド食材』一覧
トマト●『乙女の涙 スウィーティア』

サツマイモ●『わたしのお芋さま』
サバ●「『松輪サバ』
カボチャ●『かぼっコリー』
豚肉●『黒龍吟醸豚』
ブドウ●『ルビーロマン』
鯛●『みかん鯛』
梨●『きららか(R)梨』

Oseti2016banner

若菜『トマトの柚子ジュレ』が、旅サラダコレうま!に登場。

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。 2015年1月31日のお取り寄せできる美味しいものは、本日の『ゲストの旅』のコーナーに出演の女優、前田美波里さんがお勧めの、東京都は中央区銀座の『銀座 若菜』の『トマトの柚子ジュレ』でした。

この『銀座 若菜』は、昭和21年創業の漬物の専門店で、この『トマトの柚子ジュレ』は、トマトをまるごと漬け込んだトマトの漬物で、季節毎に甘さと酸味のバランスが最適なトマトを全国のから取り寄せ、白ワインや柚子酢などで漬け込んだ絶品の味わいのお漬物だそうです。

銀座『若菜』の『トマトの柚子ジュレ』のお取り寄せは【Amazon】

神田正輝さんは一口食して「うん、漬物だ!ワインに合う。」と、また三船美佳さんや勝俣州和さん、向井亜紀さんも「爽やかで美味しい。」、「見た目も奇麗!」、「イタリアンの前菜に出てきてもいい。」と、その美味しさに絶賛でした。

『サバタケ』が神田正輝さんお勧めで旅サラダ、コレうま!に登場。

毎週土曜日、朝8時にABCで放送の『朝だ!生です 旅サラダ』の人気お取り寄せコーナー『日本全国 コレ!うまかろう!!』。 2014年8月2日の美味しいものは、長野の志賀高原が大好きな神田正輝さんがお勧めする長野県は山ノ内町の『道の駅 北信州やまのうち』で販売している『サバタケ』でした。

この『サバタケ』は山ノ内町の昔から食べられている郷土料理とのことで、標高1,500メートルの志賀高原の山の中で初夏の一ヵ月しか採れない千島笹の新芽である貴重な『根曲がり竹』の味噌汁だそうです。昭和30年頃からそれにサバ缶を入れるようになったようで、それを数年前に缶詰にして発売したところ大人気になり、毎年すぐに売切れてしまうほど大好評だそうです。

長野名物『サバタケ』のお取り寄せは【楽天市場】

この根曲がり竹は、1日で硬くなってしまうので収穫してすぐに皮を剥きボイルして、缶詰工場に運び、細かくカットして缶に入れ、千葉県産のサバの水煮缶の水分をよく切り、その上に入れ、信州の合わせ味噌とサバ缶の汁で作った味噌汁を注ぎ封をしてラベルを貼って出来上がりという素朴な缶詰の味噌汁なのですが、根曲がり竹のキュッキュッっとした歯ごたえとサバの旨味が見事に合わさった絶品とのことです。

スタジオでの試食では神田正輝さんが「田舎の味で美味しいよね!上品じゃないところがいい!」と絶賛。勝俣州和さんは「シャキシャキですね根曲がり竹が。汁だけでも美味しい!」と、三船美佳さんは「美味しい!これが缶詰っていうのが嬉しいですね。サバも凄いたっぷり入ってる!」と、また向井亜紀さんは「いいお出汁が出てる。これドーンとご飯にぶっかけてもいいですね!」と大好評でした。

旅サラダ、生中継は岡山県から話題の『そうめん南瓜』三昧!

毎週土曜日、午前8時ABC系列で放送の『朝だ!生です 旅サラダ』で、毎週毎週、日本全国の旬の美味を、美味しそうに食べまくる人気コーナー『ラッシャー板前の生中継』。

6月29日は、岡山県は瀬戸内市牛窓町から『そうめん南瓜』を紹介。

ここ瀬戸内市は南瓜(カボチャ)の名産地で、『そうめん南瓜』も50年前から生産しているそうで、近年多くのテレビなどで紹介され、いま話題の野菜との事です。

そしてラッシャーさんは、畑の真ん中で早速、収穫したばかりの新鮮な『そうめん南瓜』を試食。まずは輪切りにして、熱湯で茹でること8分、そのあとすぐに冷水につけて身をほぐすのですが、いきなり麺状になってびっくり!面白いようにほぐれて、やや黄色の身はまるでラーメンのよう。これにはスタジオの神田正輝さんも驚いていました。

ラッシャーさんは、その『そうめん南瓜』に、ドレッシングをかけ一口食べて「シャキシャキの食感!甘い!」と感動。次に麺つゆを付けて食し「これは、そうめんです!」と断言。生産者の方のお話ではポン酢をかけてもいけるとのことでした。またマヨネーズも合いそうとか…。

『そうめん南瓜』のお取り寄せは
【楽天市場】

そしてその後は、キャベツや豚肉と『そうめん南瓜』を、塩こしょうで炒めた『そうめん南瓜パスタ』を食し「あっさりしていて旨い!」と絶賛、パスタに比べかなりカロリーが低いので感心していました。

で、締めはスイーツの『そうめんポンチ』。身をほぐさずにフルーツと一緒にシロップにつけたもので、シャキシャキ感を堪能していましたが、これには神田さんも「不思議な感じだよね。」とちょっと疑念な面持ち…。

『そうめん南瓜』は、今が旬でこれから8月下旬まで出荷するそうです。

はなまるで、玉置浩二さんのおめざは『ぎゅーっとトマト』。

TBS系列『はなまるマーケット』、3月15日(金)の『はなまるカフェ』のゲストは、デビュー30周年を迎えた歌手の玉置浩二さんでした。
そしておめざは、大好きで家に20本ものストックがあるという北海道は上川郡当麻町にある『エコみらい』のトマトジュース『ぎゅーっとトマト(無塩)』でした。

この『ぎゅーっとトマト』は、完熟したトマトを100%使用し、濃厚な味わい且つ、さっぱりとした味わいが特徴で、無農薬にこだわり、リコピンたっぷりの健康を考えたトマトジュースとのことです。

ぎゅーっとトマト』のお取り寄せは
【ヤフーショッピング】
【楽天市場】
【Amazon】


そして玉置さんはこの『ぎゅーっとトマト』を飲むのは勿論、スープやトマト煮、カレーにも使うそうそうです。
薬丸さんは「ネーミングがいいですね!」と一口飲んで、「濃厚!飲むというより食べるという感じ。」とビックリ。玉置さんは「予想外でしょ!この感じ。」と、岡江さんも「甘いですね!」と、また勝俣州和さんは「これ元気になる!トマトが浸み込むという感じですね。」と感心しきりでした。

はなまるで、土屋アンナさんのおめざは『薔薇の青汁』。

TBS系列『はなまるマーケット』、2月14日(木)の『はなまるカフェ』のゲストは、モデル、女優、歌手として活躍、最近ではレシピ本『あんさんのチャチャッと1ヶ月 ピース・ごはん』も出した土屋アンナさんでした。

そしておめざはアンナさんがスポーツジムで勧められて、毎日胃腸のために飲んでいるという『薔薇の青汁』でした。
この『薔薇の青汁』は、北海道産は大雪山系に自生する天然熊笹を使用し、食物繊維が豊富で、さらにブルガリア産「ダマスクローズオイル」を配合したされているので薔薇の香りも楽しめる新感覚の青汁とのことです。尚、スタジオではアンナさんのリクエストで、温かい調製豆乳に溶かして出されていました。

『薔薇の青汁』のお取り寄せは
【QVCショッピング】 icon
【ヤフーショッピング】
【Amazon】
【楽天市場】

薬丸さんは「薔薇の青汁??」と、不思議そう。しかし飲んでみるとかなり美味しいらしく、岡江さんは「本当!薔薇の香り。うわ〜美味しい!いいじゃない。」と、杉浦太陽さんも「ハーブティーみたい。飲みやすい。こんなのあるんだ〜。」と、そして薬丸さんは「不思議な感覚ですね。」と、意外な美味しさに感激している様子でした。

ちなみに土屋アンナさんのレシピ本
『あんさんのチャチャッと1ヶ月 ピース・ごはん』のお取り寄せは
【Amazon】【ヤフーショッピング】【楽天市場】

はなまるで、三谷幸喜さんのおめざは『キューサイ青汁』。

TBS系列『はなまるマーケット』、7月3日(火)の『はなまるカフェ』のゲストは、脚本家の三谷幸喜さんでした。

そしておめざは、『キューサイ 青汁(冷凍タイプ)』でした。

三谷さんは数ヶ月前に人間ドッグを受けられて、肝臓が良くないと診断され、食生活の改善と、一日8000歩を歩くようにとアドバイスをされたとか、そんなとき平野レミさんが勧めてくれたのが、この『キューサイ 青汁(冷凍タイプ)』だったそうです。

『キューサイ 青汁(冷凍タイプ)』は、スーパー野菜とも言われる、アブラナ科の野菜で栄養満点の『ケール』を、農薬や化学肥料などを一切使用せずに栽培し、生搾りして急速冷凍したものだそうで、野菜不足を補い、自然が育んだビタミンやミネラルも摂取できるそうです。

『キューサイ 青汁(冷凍タイプ)』のお取り寄せは

posted with カエレバ

三谷さんはいつも、牛乳で割って飲んでいるそうで、牛乳100㎖に対し、青汁90gがベストだそうです。
スタジオでもこの三谷さんオリジナルの牛乳割りで飲んで、柴田理恵さんは「あ〜、飲み易くなってる!」と、三谷さんは「何か甘味が出るでしょ。」と、また薬丸さんは「独特の香りはしますけど…。」というと、三谷さんは「この香りがなかったら、何を飲んでるんだってことで、ただの緑の飲物になっちゃう……。」、岡江さんは「確かにそうですよね。青臭いのがいいですよね!」と、皆さん割と美味しそうに飲んでいました。
牛乳割りは、なんかいいみたいです。

満天☆青空レストランに、秋田名物『じゅんさい』登場。

日本テレビ系列、6月9日(土)放送の『満天☆青空レストラン』が訪れたのは秋田県は三種町。
ゲストは3度目の出演の人気お笑いコンビ『ロッチ』のコカドケンタロウさんと中岡創一さんでした。

そして宮川大輔さんと三人で、本日の名人、三種町商工会議所の畠譲さんと金子涼さんを訪ね、早速、秋田名物『じゅんさい』を収穫しに畑ならぬ『じゅんさい沼』へ…。
そこで『じゅんさい』摘みの名人、小松アキ子さんの指導のもと、小舟にのってみんなで大奮闘。

この『じゅんさい』は水蓮(睡蓮)科の植物で、かつては日本全国の沼などに生息していましたが、水質汚染などにより激減!25都県で、絶滅あるいは絶滅危惧種となっているそうです。
そこで三種町の人々が立上がり、日本伝統の味覚を絶やさないように、1970年代に白神山地の清流をいかして『じゅんさい』栽培を始め、今では『じゅんさい沼』も200カ所以上あり、国内生産量の9割を締めるほどになり、秋田県の特産物のひとつになったとのことです。

そして三人はそのあと収穫した『じゅんさい』でフルコースを堪能。シメの『乾杯メニュー』には、これまた秋田名物、『稲庭うどん』ならぬ『稲庭そうめん』が登場して秋田の味覚三昧でした。

三種町や秋田県の『じゅんさい』の
お取り寄せは

posted with カエレバ

《この日のメニュー》
■湯がいただけのシンプルな料理『じゅんさいのわさび醤油』
■もっちもちの食感『じゅんさいの天ぷら』
■ベーコンや椎茸も入った『じゅんさいのバター炒め』
■比内地鶏や『あきたこまち』で作った『たまこもち』、
ねぎ、椎茸、セリが入った『じゅんさい鍋』
■実に意外な一押しメニュー。抹茶アイス、あんこ、寒天、きなこ、
黒蜜で作った『じゅんさいあんみつ』
【乾杯メニュー
■梅干しや大葉の入った『じゅんさい稲庭そうめん』